スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

ノーベル文学賞

 

↓私が今まで読んだ本と観た映画の中で一番インパクトの残ったものです。

 

 

この作品の作者・小説家

KAZUO ISHIGUROさんがこの度ノーベル文学賞を受賞されました。

 

この喜びをなんと表現して良いのやらわかりません。

興奮状態でまだ心臓がドキドキしています。

 

このところ私の周辺では訃報、悲しい事件・ニュース、そして家族の体調不良等が

立て続けにあったなか仕事も多忙を極め、強くならなきゃと自らを奮い立たせ気合を入れて

コントロールしてきていたので正直気力が限界近くに到達しそうな状態でした。

 

この朗報は、俄かに疲れを吹き飛ばしてくれるものでした。

あらためて日系人ISHIGUROさんの才能と功績を称えノーベル賞選考委員の方々

に感謝の意を捧げたいと思います。

ご本人も全く予期していなかった受賞だそうです。

 

ISHIGUROさんご本人も仰っていたようですが

人それぞれの民族、宗派、思想を超えて

お互いがお互いを理解し思いやる気持ちが育まれ、住みよい世の中に

なりますことを祈願して止みません。

 

 

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

| 想う | 05:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

喪に服す

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

とうとうこの日がやって来てしまいました。

親友が旅立って行ってしまいました。

 

初めてです。

親しい友人を亡くしたのは。

 

長く生きていればそういう事もいつかはでてきますよね。

誰かを送り出さなくてはならないって、辛いですね。

 

驚く方もいらっしゃるかもしれないので注釈すると

実はもともとは夫の44年来の友人なのですが、何度かお会いする機会が

あったり、夫がいつも彼との昔のエピソードを嬉しそうに話してくれていた

こともあって、なんだか私にとっても勝手に古き良き友のように感じて

しまっていたのです。

いつも穏やかで笑みを絶やさず、あったかい心を持つ方でした。

バンクーバーへいらして下さったときは初の海外旅行だったそうです。

ZARDの歌のことやコーヒー談義をさせると何日でも話し続けそうな勢いでしたっけ。

闘病生活中も小言一つ言わず、苦しさも見せず、頑張り通されました。

ご家族や周囲の方々の思いと援護に囲まれて

よく生き抜かれました。

幸せな旅立ちだったことと信じます。

 

私達夫婦、何もお手伝いも出来ず、いたたまれない思いもありますが

慌ただしく日本に駆けつけて奥様などに気を遣わせてしまうよりも

こちらの空から想い馳せ参じることといたしました。

 

葬儀での彼の遺影には、5年前彼がバンクーバーを訪れてくれた時の私が撮った写真を

使ってくださることになりました。

今までの他のどの写真より表情が良かった

ということでした。

 

これは写真好きの私にとってどんな立派な賞を頂くよりも

嬉しく光栄な事です。ああ、また涙が止まらない。。。

 

夫も私も仕事を休めない事情があることは

むしろ幸いでした。

「気が紛れる」というと冷たいようですが本心、助けられます。

ただ、喪に服すあまりに仕事に身が入らず怪我をしてしまったり

大きなミスを犯してしまったりということにならない様に

細心の注意を気を払わなくては…ですね。

 

老眼鏡をかけても字がはっきり見えません。

ここ数日、目が充血して元に戻りません。

 

ご心配には及びませんが、

しばらく、ブログ投稿をお休みすることになる、かも?です。

悪しからず。<(_ _)>

 

 

 

 

 

| 想う | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

食べる喜び

食事制限があっても、やはり食べなくては生きていけません。

できるだけ避けなくてはいけない食品を控えるようにし、

少しずつ、バランス良く、という食生活を心掛けています。

 

時々外食もします。メニューを上から下までじっくり睨んで

最終的な選択をします。

 

「でも、行けるレストランが限られてくるんじゃ?」

 

と、思いますよね?

ご安心ください。

どんな洋食屋さんでもファストフード屋さんでも私が食べられるものは

あるんですよ〜。肉の脂身や揚げ物を避けてサラダはドレッシングやマヨを無か少なめに

してもらえば大体大丈夫です。

 

先日は夫とそして二人共通の友人とランチに行ってきました。

 

 

↑長距離列車の発着するメインの駅です。カナダ横断鉄道の発着地点です。

バンフ・ジャスパーへも美しい車窓からの景色を観ながらゴージャスな

旅ができるんですねぇ。歴史的な建造物なので中に入ってみたことはあるのですが

バンクーバーに27年も住んでいて実際にここから列車に乗ったことはまだ

一度もありません。( ̄▽ ̄;)

列車より飛行機の方が安くて速いので長距離列車でゆっくり旅ができる人は

お金と時間に余裕のある方に限られてしまうのかもしれませんね。

 

↓この駅のすぐ目の前にあるレストランで友人と待ち合わせです。

 

 

↑素敵でしょう?💓スペイン料理のお店です。壁一杯にスペインの

昔の生活や風景の写真が飾られています。うう〜、私好みです!

 

 

↑パエリアが一押しだと聞いてきました。

いやー、絶品です。こんなおいしいパエリアはいままで食べたことが

ありません。もし、日本から知り合いが来たら必ずここへお連れしようと思いました。

(…カナダに来てスペイン料理…です、か?不可解ですよね?でも、

いいんです。なにしろ絶品なんですからー。汗)

 

 

↑これは、別の日に別の友人と別のフードコートへ行ったときに

食べた『スープ・カリー』です。

 

そうなんです!、北海道発祥と言われるスープ・カリーを食べさせてくれる

お店がバンクーバーにも登場したことを知っていたのですが、なかなか行く機会が

なくて、やっと、やっと、ご賞味にあずかりました。

友人は骨付き鶏肉が入ってるものを、そして私は鶏肉が豆腐になっているものを

注文しました。まあ、モールの中のフードコートです。それほど本格的なものを

期待してはいませんでした。

ええ、目の前に運ばれてきたときは、食欲をそそるというにはほど遠いものでした。

(失敗した〜?!(-_-;))

 

しかし、見た目よりスープの味は凝っていて化学調味料も入っていないような

いいお味でした。

札幌などでは材料の野菜を素揚げして入れている場合が多いのですが

ここでは蒸す・茹でる・煮る?そんな下ごしらえの様で、だからこそ

脂ぎった感が無かったのでしょうね。まさに今の私の食事制限にドンピシャの

一品ではないですかー。嬉しかったですぅ。また行こうかな〜。

 

 

↑スープ・カレー屋さんでも話が尽きなくて唾を飛ばしながら

話しまくりましたが、その後もお茶屋さんへ梯子。

食べ足りないのと、しゃべり足りないのと、両方です。

私はカプチーノを頼みました。

写真左に写っているのは友人が一緒に食べようと注文してくれたメロンパンのような

パンケーキです。はちみつとココナッツペースト添えです。

うう〜危険極まりない誘惑!!!

ええ、負けませんでしたよ。(-"-;A ...

味見に一口だけは頂きましたが…。(なんじゃ、負けてるじゃん!)

 

外で食べることの最大のメリットは、やはりなんと言っても

食を楽しむことももちろんですが、食を共にする人との会話を楽しめるという

事が何よりのごちそうなんですよね。会話が弾むことで食事も更に美味しくなる

というものだと思います。相乗効果大です。

 

若かった頃はよく単独で目星をつけた喫茶店や食堂を巡っていましたが

この歳になると、なぜか一人で入ることは激減しました。

一人でレストランに入るくらいなら家に帰ってお茶漬けでも啜った方がいい。

外で食べるときは、やはり気の合う人と一緒におしゃべりを楽しんで…

そんなふうに思う様になりました。

 

| 食べる | 12:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

これって、何??

これは何をしているのですか?わかる方教えてください。

 

・雨降り以外の日の早朝、我が家の居間から東の方を見ると電力会社の敷地にある公園で

やっています。

・だいたい いつもアジア系の女性ばかりで4~7人くらいでやっています。

・全員同じポーズの流れ。

・一つのポーズにつき5~10分そのまま静止。

 

 

 

私が夜勤で朝帰りの時もこのすぐ横を歩いて帰ってきます。

氣功っていうんでしょうか?

いや、そういうのとちょっとちがうような。

タイチのような動きでもないですしね。

かなり精神集中しているようなので、訊きたくても訊けないんです。

 

「何してるんですか?(゚Д゚;)w」

 

なんて…ねぇ。

 

そんな精神統一、座禅のような修行のようなことをやっていらっしゃる

方々を横目に、この日私と夫は、

 

 

↑こーんな、バケツみたいな大きなかき氷を食べてしまいました。

韓国式のなんでもかんでも盛り込んであるかき氷です。うわー、食べ応え有りました。

 

こんなもの、私が食べて良いのか?という疑問が突出しますよね。

ご安心ください。

勿論私が頂いたのは、この皿の上の100分の1くらいの分量です。

食べたいと言い出したのは夫でウハウハ言って格闘していました。

私は涎を垂らして観戦組です。

私がこんなのを一人占めするなんつうのは夢のまた夢ですねぇ。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

| 健康 | 13:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ハロウィーンの準備

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

うちはハロウィーンに魔女の格好でお菓子を貰いに

近所を周ったりするわけではありません。

仮装して大人向けのハロウィーン・パーティーにお出かけするわけでも

もちろんありません。

 

いえね、この間スーパーで買ってきたデルモンテのバナナをひょいと見ると

 

「バナナのコスチュームを貰おう〜!」

(詳しくはウェブサイトに行ってみてね💓)

 

と書いたステッカーが貼られているではあーりませんか。

早速ネットでアクセスしてみると

こーんな合成写真が出来上がりましたぁxxx。(゚Д゚;)

        ↓

 

   

 

ええ、サイトに行くと背景はいろいろ選べて、このような写真が

た〜くさんポストされていました。

来月その中から抽選で選ばれた人にはこのようなバナナの変装コスチューム

実物が送られてくるのだそうです。(*´艸`)ふふ!面白くないですか?

もし、万が一当たるようなことがあれば今年は私もこれを着て

街に繰り出そうかと考えています。

電車に乗ってみるだけでも面白そう。

この格好でスーパーでバナナを買ってたべちゃおうかな。

当たるといいなー。

 

 

 

| 楽しむ | 11:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

娘の出家

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

しばらくぶりです。

ご無沙汰してしまいました。

決して、ただ、ぼー…っとしていたわけではないんですよ。(~_~;)汗

なんだかんだと慌ただしい毎日を過ごしておりましたの。

 

まず、この数十年で一番の環境変化がありました。

 

娘がとうとう出家です。

い、いえ、僧侶になったわけではありません。

「家出した」といいます。。。か? はっ??

なんだかどれもニュアンスは違いますが、

兎に角!

今まで31年家族三人力を合わせてずーっと一緒に暮らして来たわけですが

この度、娘が家を出て独立したんですねぇーーーー。

 

私たち夫婦はどちらも高卒で実家を離れて上京し一人暮らしを始めたんです。

18歳で右も左もわからない大都会へ出てくることは不安の塊でした。

悪い人もたくさんいるだろうし、良くも悪くも経験したことのない刺激が多すぎて

錯乱しそうになりました。一旦出てきたらどんなに不安でも寂しくても

簡単においそれとは実家に帰ることはできません。旅費だってかかります。

 

僅かの生活費をいかに慎ましくやり過ごすか。頭を使って、工夫をして、

それでも足りなければ学業の傍らパートで働くなりしてやって行かなくては

なりませんでした。18歳で、です。

 

娘は31歳にして、家族で一番の稼ぎ頭でした。

 

とっくの昔に独立していても不思議ではありません。

しかし、親と一緒に住んでいれば家賃も要らない、食事は親が用意して

くれる、洗濯も親がやってくれちゃう、収入はほとんど貯金にまわせます。

 

まあ、独立すれば必要経費であれよあれよという間にお金が出ていってしまうことは

目に見えていたので

「まあ、結婚前は私達と一緒に住み将来のためにすこしでも貯金してくれればいいかな?」

そういうつもりでここまでずるずると来てしまいました。

さしあたって私のポジションは彼女のメイドのような感じになっていました。

 

まあ、彼女も子供が欲しいとか、自分の城(巣)を築きたい思いが募ったのでしょうね。

この春くらいに

 

「出ることにしたから」

 

と宣言し、やっとこの9月始めに新居に移り住んだというわけです。

 

「あのね、おかあさん。今の時代はネットでなんでも調べることが出来ちゃうの。

お母さんからあれこれ伝授される必要はないの。時間の無駄。」

 

…と言って、私の手伝いを一切拒んだ娘です。熟練することで要領も良くなり

手早くいい仕事ができるようになることを伝えても理解しようとしなかったので

こちらから強制的にやらせた記憶はありませんでした。

食事の準備も娘はたったの一度も「お母さん、手伝うよ」と言ってくれたことは

ありませんでした。

なので、私は家事の全てを娘に仕込んでいない訳なんです。

 

甘やかした?とも言えるかもしれません。

 

でも、親のススメを自ら拒んだ娘に強制的にやらせるというのは

私らしい生き方ではありません。癪にさわっても本人の意思を尊重したかった

のです。たぶん後で後悔するのは娘本人ですから。

 

これから、何もかも一から始めて、世の中そう簡単ではないことを

学んで行ってくれたらいいと思います。

 

ただ、娘と一緒に住む人に申し訳ない!

という苦虫を噛み潰すような思いも残ります。

家事一つ満足にできない娘をみて、

「母親は何も教えてくれなかったのか?!」

と一方的に呆れられると確証してしまうのです。

 

…まあ、私がどんなに怠慢な母親だと思われようとかまやしませんが。

 

その点だけ、内情を知らない相手の方に申し訳ない気がしますねー。

(今頃、さぞや愕然としていることでしょう…w(;゚Д゚)w…)

 

まあ、幸運なことに相手の方はとても優しく思いやりのある協力的な方です。

上手く二人で力を合わせ試行錯誤しながら暮らしていってくれれば

と切に願います。神様、仏様、、、という心境で見守っています。

 

何はともあれ、

とりあえず子育ては一段落ということで、ホッとしています。

これで、安心していつでも死ねるわねー('◇')ゞなんて。

 

 

 

↑引っ越す直前に娘が作った力作。チキンのシェファーズ・パイもどき。

 

 

↑引っ越しの数日前キッチンにて。彼と携帯でチャット💓。

 

 

↑娘4歳くらい(…だったと思う)の時タイのプーケット島の砂浜にてピース。

 

 

| 想う | 12:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

日系まつり

なんとも清々しい青空ですねぇーー。

 

9月2日・3日はうちから徒歩圏内に立地する日系センターでお祭りがありました。

予てから登録しておいたボランティア関連からの縁で館内での

日本の衣や小物を販売する店員をさせていただきました。

このお祭りまだ年数は浅いのですが年々催しものが増え出店数も来場者数も

グングン伸びて盛り上がりを見せているんですよ〜。

 

 

↑たい焼き・ラーメン・焼きそば・たこ焼き・照り焼き・味噌カツバーガー…

いやー、ありとあらゆるB級グルメが揃っていた感じです。

油物を控えなくてはならない私です。生唾ごっくんで我慢の子でした。

こういう催しに興味を持ちながらも週末仕事を休めない夫のために

数種の食べ物を買って夫へのお土産としましたよ。

 

 

↑お神輿あり、やぐら太鼓で輪になって昼間から盆踊り〜♪大勢の観客も踊らにゃソンソン

のノリで踊りまくっていましたよ。炎天下の中でも皆が笑顔で和気あいあいと…

世界がこのような繋がりで幸せを分かち合う、一緒に楽しむ、そんな時代は

来ないのでしょうかねー。

よそ者を締め出したいトランプさんもここへ来ればよかったのに…ねぇ。

 

 

↑いつもはバンクーバーダウンタウンで出店している”味噌カツバーガー”

がウリのベンダーさん、このお祭りにも姿を見せてくださいました。

「これ、旨いよ〜!♡」夫の感想でした。

 

 

↑多民族国家カナダらしい客層ですね。こういう催しものに来て参加してもらうことで

今まで縁のなかったアジアの食やカルチャーを知ってもらえるのは嬉しい限りですね。

「なんだか変な食べ物??」という印象ではなく

「へえー、日本食って美味しいじゃん!」という風に開拓して知ってもらえると

嬉しいんですけれどね。せっかくの機会ですから好印象をもってもらいたいものですね。

 

 

↑市内に店舗を構えるラーメン屋『弁慶』も。

 

 

↑今回私がお手伝いをさせていただいた店舗です。外は炎天下でしたが私の部署は

エアコンの効いた館内で日焼けを気にする必要もなく快適でした。

 

 

↑このお店のお手伝いベテラン組の彼女です。

 

↑左は台湾出身の日本贔屓の働き者デイビッド、そして右の彼女は日本から

ワーキング・ホリデービザで滞在中の綺麗どころシホさん。

 

 

 

↑ボランティアでのお手伝いだったのですが終了時には

私が着用していた浴衣と帯のセットをお礼にと、くださいました。

なんだか逆に恐縮してしまいますねぇ…。

 

 

↑この会場の厨房で婦人団体の手によって焼き上げられたアンパンマン。

メッチャ美味しかったです。

 

 

↑館内では様々な催しものや鑑賞、実演、コンペティション、ゲームなどが

有り楽しみましたが、帰り際に立ち寄った古本市会場で見つけて購入した本です。

 

左は2年前の文芸春秋です。

表書きに「芥川賞受賞2作全文と選評掲載」と有ったので即買いしました。

又吉氏と羽田氏の作品、読んでみたいとおもっていたんですぅ。(;'∀')

この本、何処からの入手経路なのか全くの新品が2ドルです。

 

右はべトナムの歩みを収めた貴重な価値のある写真集です。

初版は40年くらい前のもので当時の価格3800円となっています。

今ではもう入手困難ではないだろうかと思われますが、これも2ドルぽっきりです。

ううぅ〜〜!!たった4ドルでこんな価値のある買い物ができました。

読む速度が遅いのでしばらく時間を掛けて楽しみます。

ルンルン嬉しい限りです。

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

| 楽しむ | 13:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

新しいナンバープレートにしました

JUGEMテーマ:運転免許

 

私の住む州では普通の車のナンバープレートには中央に小さな州旗の図柄が

施されています。州旗の絵がついているだけでも日本の様に番号や記号だけというよりは

何気に州の住民であることに誇りが持てる感があります。

 

カナダの東方や北方の他の州へ旅行に行ったときには、更にその土地の風物詩や産物の図柄の

アレンジが加わっていて美しいものが多くちょっとうらやましく思っていたんですね。

 

ところが最近になって街を歩いているとおしゃれなナンバープレートを付けてる車を

ちょくちょく見かけるようになったんです。

 

おやー…?素敵!💓(・。・;

 

何処であのようなプレートをゲットできるんだろう???

 

と疑問に思い、近くのオートプラン(車の保険等の手続きをする事務所)に行って

尋ねてみました。

 

「3種類の図柄から選べて、プレートの代金+変更手続きで最初に50ドルを払い、

次の年からは毎保険の更新時に+40ドルを払うことになります。」

 

ということでした。

BC州の美しい自然や公園の維持管理費への寄付金となるのだそう。

いつも風光明媚な環境に住まわせてもらっていることの感謝の意をこめて

このナンバープレートの使用料が寄付に回るというのは大いに賛同出来る事。

 

早速夫に伝えると彼もインスタントに乗り気で、仕事がオフだった昨日早速

保険会社へ出向き、そこにある限られた番号から散々迷った挙句に好きな図柄と

番号を決定したんですぅ〜〜。

 

 

↑図柄は上の3種類。

左:現在のところ世界中でBC州だけに生息が確認されている白い黒熊の入った図柄。

(シロクマとの掛け合わせではなく、突然変異?両親は黒熊。)

中:BC州の東端に位置する3000メートル級の立ち並ぶ山脈の図柄。

右:バンクーバーから北方ウイスラーへドライブする途中西側に見える入り江。

 

この3枚、どれも素敵で迷いましたよぉ。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

最終的には車の持ち主である夫の希望を優先しました〜。(当然よね!(-_-;))

(どれを選んだか?は、内緒です。(*´艸`))

 

もう、家路へのドライブの気分のいいことといったら!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

ええ、実はですね、8月上旬、夫が一人で走行しているときに飛び石が当たって

フロントガラスにヒビが入ったんです。

 

車のガラス屋さんに持ち込んで後日の

予約ですぐに交換終了しましたが。

ガラスの破損はもう4回目くらいでしょうか?

今まではちょっとチップしただけだったので液体を注入するだけで完了。

どこに傷があったのか探せないほど魔法の様に簡単に処理できました。

保険を使わなくても数千円ですみました。

 

ところが今回は傷と亀裂が伸びていたのでフロントガラス丸ごと取り換えと

なったんですねぇ。見積りが10万円ということで流石に今回は

保険を使いました。不可抗力なので保険料も上がりませんし

自払いは2万円で済みましたが、それでもストレスになるわ、休みは無くなるわ、

夫がイライラしているのを気を紛らわせようと私は必死でした。

ストレスは万病の元ですからねぇ。

それでなくとも神経質な人なので。

 

そんな不運があった後なので

今回の新規ナンバープレートの購入はかなり気分を良くする起点になったような

気がします。

 

「車に乗るのも、あと10年くらいくらいかな?免許証返上かな?」

 

なんて言ってます。72歳??… えー、そんな早く??(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

| 楽しむ | 05:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

リトルリーグ・日本が世界一!

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

やりました〜〜〜!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

やってくれました〜〜〜!!!(*´▽`*)( ;∀;)

 

ついこの間日本の夏の甲子園で感動をいただいたばかりというのに

今度はリトルリーグの世界大会がアメリカのペンシルベニア州で

開催され、日本が優勝したのですよ〜〜〜。

やはり日本の野球が世界に誇れるレベルだという事が

また実証されたという事ですね。

 

高校生でも華奢な体で感動を呼ぶのです。

今回のリトルリーグはほとんど全員が小学生ですよっ!小学生!

 

あの小さな体であの活躍、

テレビで観戦していたのですが

追加点の連続の時は選手の家族の応援の迫力もさることながら

子供たちの真剣かつ生き生きとした表情を見てるだけで感動の嵐で

涙でぐしょぐしょ。…画面もぼやけて見えなくなりましたからぁ。

 

桁外れの契約金で活躍する大リーガーもいますが

 

ピュアに野球が好きで今までやって来て、こんなアメリカの大会に出場して

優勝してしまうなんて、ねぇ。

小さな体で偉業を成し遂げた感動は一生ものでしょうね。

 

ベンチで手に汗握る思いで我が子を見守り応援する親御さんの

気持ちはどんなでしょう。

私だったら狂い咲きでそのまま果ててしまうかもしれません。(;゚Д゚)

テレビの画面を見つめてるだけで感極まったくらいですから。

おとうさん、おかあさん、

試合が終わったら息子さんをしっかりとハグしてあげて欲しいと思います。

照れくさいから嫌だと言ってもしてあげて欲しいです。

それに値するくらいに画期的な瞬間だと思うのです。

 

2017年8月27日 リトルリーグ・ワールドシリーズ

優勝決定戦ハイライトのビデオ  

 

(↑クリック)

 

ちょっぴりだけでも、雰囲気が伝わると良いのですが…。

 

9月には今度は、

 

U18の野球の大会がカナダで開催

                     

(↑クリック)

 

されます。

清宮クンもカナダに来るということで楽しみが目白押しでーす。

(*^▽^*)ヾ(o´∀`o)ノ ワァーィ♪💓

 

| 楽しむ | 15:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

北米横断の皆既日食

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

今週の月曜日、8月21日北米中部を横断する範囲で皆既日食が観られました。

(なんじゃ、今頃になって遅い報告!!と怒らないで…<(_ _)>汗)

 

大陸横断ルートで観られたのはなんと99年振りだったそうですよ。

日本からも高額な日食を観るツアーなども企画され繁盛だったらしいですねぇ。

 

アメリカ本土でもルートからかなり離れたところからも車を長距離飛ばして

良く観える地へ移動のため大変な渋滞となった模様。

便乗してガソリン代は高騰、キャンプ地では記念のTシャツなど物売りがウジャウジャ。

えらい騒ぎです。

普段天体に興味の無い人まで「見られるものなら見ておかなくちゃ」と欲が湧き

野次馬根性のノリも手伝って益々人だかり。

トランプさんご夫妻も同様で「仕方ないな、時の話題に乗っからないとっ!」という

事で紙の眼鏡を掛けて空を見上げる仕草をテレビでご覧になった方も多いかと

思います。

 

当初の情報ではカナダにおいては部分日食になるのでほとんど肉眼では気が付かない

と言われていて、この私もどこ吹く風?という認識だったのですが、前日になって

テレビやラジオで「バンクーバーでも確認できる」ということを伝えていたので

 

それなら、もう二度と機会は巡って来ないかもしれないので観なきゃ損!損!

 

ええ、この豚も、にわか便乗野次馬に変貌してしまったのですねぇ。汗(;^ω^)

 

目を保護するために特殊な簡易メガネが必要なのですが手元には準備してませんし

代用品になるものが有りません。仕方が無いのでせめて濃いめのサングラスを使用

することにしました。

 

9:10amくらいに部分日食が始まり11:00amくらいまでショーが繰り広げられる

とのことでした。

 

う、うわ…。

 

なんだか辺りは普段の昼間の明るさとは違います。

空は青く晴れ渡り空気も澄んでいたのですがいつもの眩しい目に突き刺さるような

光ではなくフィルムを通したちょっと弱〜いLEDというような光です。

部分日食はサングラスで観てもしっかり確認することができました。

部分日食でもこんなに光の感じ方が異なることは予想だにしていませんでした。

 

わあ…、(;゚Д゚)

 

なんだか北米の誰もが感動を分かち合っているのと時を同じくして

私もイベントに参加できてる臨場感のようなものでドキドキしてしまいましたよ。

 

 

↑ネットから拝借した参考写真です。

アメリカではこのような光の輪が見えたのでしょうねえ。

うーん、やっぱり科学は神秘ですねぇ、ロマンですねぇ〜。

 

私も手持ちのカメラで設定をあれこれ切り替えて撮ってみましたが

肉眼でしっかり観ることができた部分日食を写真に収めることは

できませんでした。やはり、カメラも腕も対応不可能という感じでした。

当然ですが。(-_-;)

 

日本の地でこのような皆既日食が観られる?

はい、次日本で観られるのは

 

2035年9月2日(←クリック)

 

だそうですよ〜〜〜。

はぁーーー、18年後です…。(;'∀')

私生きてるかしら?もし元気で生きていたら…

その時は日本のお友達と一緒にこれを観たいなぁ。

どなたかご一緒しませんか?

なんて。。。(/ω\)

 

| 学ぶ | 11:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この地で…ランドセル?!

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

ややっ!

こちらで見るのはお初の品物であります。

 

日本製の

 

が、アジアン・スーパーマーケットに陳列されていましたよー。

 

 

↑そこに並んでいること自体、鳩が鉄砲豆を食らったような驚きで

とりあえず写真!写真!と、ごぞごそ携帯を取り出して写しました。

急いでいたので金額には煩い細かい私としたことがうっかり値段を見るのを

忘れてしまいました。(;゚Д゚)w

 

カナダの地で日本のランドセルを一体どのような人が買うのでしょうねぇ。

日本語補習校もあるにはありますが、日本で全日制の学校に通うような気構えは

有りませんし、平日はカナダの子供たちと同じ学校へ通うので週末だけのために

日本式のこのランドセルをわざわざ購入して持たせるような親もいないとおもわれる

のですが。

この時期です。

カナダでは学年の始り。新規入学および進級の時期であります。

 

「日本のランドセルほど子供の持つ学用品入れの鞄に相応しくよく考えられたものはない」

 

と思う親が持たせるのか?

それともゾッコン日本贔屓の親が日本の子供が背負うランドセルを我が子や孫の

入学祝いに贈りたいという趣旨か?

 

これらの品はアジアのコピー商品ではなく正真正銘の日本製で

私の目でサッとチェックした中の縫製や造りもしっかりとよくできていました。

見るからにお高そうな商品です。売れる見込みが無ければ店頭に並ぶこともないでしょうし

たぶん誰かがこれを購入するのでしょうねぇ。

そのうちカナダの街中でランドセルを背負った子供が日常闊歩するのを見かける日が

到来するのでしょうか?

なんだか想像できませんが…。

 

となぜに?ランドセルごときにブツブツ言う、この私。

 

小学校の入学時、親が用意してくれたランドセルは従姉のヨレヨレぺしゃんこに

なった使い古しでした。ど田舎に生息していましたがそれでも周囲の入学生は

皆ピッカピカの新品のランドセルです。家が貧乏で買えなかった??かもしれませんが

たぶん、リフォーム再利用の節約精神に燃えていた父親の指針と思われます。

決して背いたり文句を言えるような状況ではありませんでしたから。

その関連で案の定いじめも発生していました。今も昔も同じです。

幼心にも親の家計のやりくりが大変なのを密かに感じとっていましたから

ランドセルのせいで自分がいじめの対象になっている事実を私は微塵も親には

知らせませんでした。そんなことで親に不憫な思いをさせたくなかったし

本人が状況を呑み込んでいたので悲壮感は無く納得して

使用していたランドセルであるのに子供たちは無情なものです。

物事の良し悪しよりも出る杭は当然打たれるべき的ないじめです。

人の状況を理解してあげる思いやりを持てないというのは実に悲しい事です。

他と違うというそれだけで標的にされました。

 

一人一人、個性があり体型も違えば生活環境も違うわけで学校だけでなく

社会においてもそれぞれの違った生き方や価値観があることを尊重し長短を受け入れ

て調和していかなくては…と、思うのです。

これは、子供の世界に限ったことではなく、大人の社会になっても万国共通して

いえることなのではないかと思います。

 

しかし、頭ではわかってはいますが、そんな簡単な事ではありませんよね。( ̄▽ ̄;)

 

| 疑問 | 02:38 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

食事制限

 

家庭医の元へ行ってきました。

先月末の各種検査の総合結果を聞くためにです。

 

C型肝炎ウイルスはもちろん『検出セズ』で良かったです。

肝機能、白血球、赤血球、ヘモグロビン、etc…バッチリです。👌🆗

超音波の検査結果も胆石は変わらず小さいのがたくさんあるものの

大きくなったり増えたりということでもなく一応そのままでも問題なし。

 

ところがです!!

 

今まで健康診断というと「胆石」や「がん」のことばかりを心配していた私ですが

今回ドクターからとてもショッキングな発言が…。

 

「がん」宣告よりショッキングな発言があるのん?

 

と思われるかもしれませんね。

がんの宣告を受けたらどれだけショックなのかがわからないので

正直、比べようがありませんけれど。(-_-;)

 

ただ、この私自慢じゃないですが食べる楽しみが生きている証!

と思っています。なので、ほら、日本へ一時帰国した時などは

この時とばかりに財布の紐も緩めっぱなしで食べ通し食べていますでしょ?

美味しい物目白押しですからねぇ。もう我慢してられないんですわ。

 

しかして、普段の手前の食事はローカロリー、脂肪分極力控えめ、と

気を付けるようにしていました。せめて大好きな果物は果糖があるとはいえ

少なくとも脂肪分は無いので制限無く食べ放題。

 

そんな極端な食生活が功を奏しました

いや、その逆です…、

罰が下りました。

 

コレステロール糖分の数値がとんでもないことに!!!(゚Д゚;)

 

私、以前はコレステロールは甲殻類や鶏卵、魚卵などに多いものと思っておりました。

しかし、ドクターに言わせるとコレステロール=脂肪という観念なんですね。

それを分かっていたので揚げ物や脂肪分の多い肉や炒め物はなるべく避けていたんですよ。

極たまーにアイスやケーキを食べてはいましたが。

 

「これからは99%脂肪分抜きの食事にするように」

 

とな…。

いつも診察に行っても旅行やスポーツの話で盛り上がり幸せな時間を与えてくれる

大好きだった家庭医のドクターLが鬼のように見えてしまい恐れ慄きました。

 

おまけに、

 

「糖分もかなりだねぇ…。これは、まずいねぇ…。」

 

と深刻な眼差し。これまでのドクターLとはまるで別人です。(◎_◎;)

糖分は想像がつきました。

脂肪分を控える反動でアイスクリームやケーキを我慢してたので

甘い果物や無脂肪の甘いヨーグルトを毎日貪るように食していたのですから

更に脂肪の無い和菓子系の餡子ものも毎日のように食べてました…。

心当たりのある

当然の結果であります。ハー…。(溜息)

 

 

食べる楽しみがグーンと引いてしまいました。

 

まあ、これらを控えることと運動を余計に実行すればここ数年溜まりに溜まった

お腹の贅肉も少しはすっきりするのかもしれませんよね。

物は考えようですね。食生活改善で命拾い!ということに繋がるのかも

しれません。いい機会を与えられたと感謝して即実行です。

 

精進料理のようなメニューで行こうかなぁ。

納豆や豆腐、薄味の煮物、芋や玄米、そういうのがよさそうですね。

果物はグレープフルーツとかがいいかな。

 

明るくいこうと思うのですが

やっぱり、ちょっと元気が出ません。

 

世界中に飢えで苦しむ人たちがいることを考えたら脂肪や糖分を抑える事なんて

屁でもありませんよね。様々な食品が手に入る暮らしに感謝しないと。

がんばります!

頑張るファイトファイト

 

ps 腹痛と便の異常が続いていたので胃の内視鏡の検査を受けることになりました。

大腸の内視鏡は2年前に受けて異常が無かったので今度は上部というわけです。

こちらは検査も手術も州の保険で全額カバーされます。その分順番待ちにとてつもない

時間がかかります。たぶん私の番が回って来るのは年末くらいでしょうか?!

気長に構えることとします。<(_ _)>

 

 

| 食べる | 02:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

やっと!…3週間振りの青空

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

やっと、やっとのことで今日は周辺の山々が見えて数週間ぶりに青空も

見渡すことができました〜。

 

ええ、ずっと内陸での多発森林火災の煙が流れてきていたんです。

私の目もしょぼついていよいよドライアイや白内障などの問題発生かと

覚悟していたのですが、今日はさすがにかなり違います。目のしょぼつきが

ありません。

 

↓昼間でも、こんなんでした。見るからに息苦しいでしょう?

 まるで光化学スモッグか雪でもふってるみたいでしたから。

 

 

晴れ渡って美しい山々が見え始めると感じますね。

美味しく澄んだ空気のなんと貴重な事か…と。

美味しい水も、美味しい空気も、ある時はそれが当たり前と感じ、

いざ手に入らないとなると、無駄に使わず大切にしなくてはならないことを

痛感するものですよね。それでまた時間が経つと「喉元過ぎれば熱さ忘るる」

になってしまうのですよね。人間て愚かだなぁと思います。

 

ただ、まだ火災が無くなったわけではなく消火活動は続けられています。

風向きが変わったというだけなのかもしれません。油断禁物です。

 

さてゆう★

 

先週の金曜日、珍しく(特別に珍しく)女子友と二人で高級イタリアンにディナーと

洒落こみましたー。

私がそんな贅沢を??

”ああ、やっぱりわかっていないんだな、そんなお金の無駄使いなんかして。。。”

と怒らないでくださいね。

この女子は何十年も前に夫を通じて知り合った憧れの方だったのですが

なんとあるきっかけで最近になって急接近をしましてね〜。

「これから時々一緒にお茶やランチに行きましょうよ!」

とお誘いを受けて参上した次第なのです。

内向的で友達作りの苦手な私に、この歳になって新しい友出現ですよーー💓

うちは夫婦共にカナダでは心の通じる友が居なかったので

嫌われない様にいいお付き合いができるように頑張ろうと思うのです。

できるだけ自然体でねー。

縁というのは探して見つかるというものではありませんよねぇ。

しかも波長が合う、一緒に居て楽しい、疲れない、そういうお友達に巡り合う

なんていう機会などおいそれと巡ってくるものではありません。

貴重なカナダでの女子友です。不安ですがね。

 

 

↑レストランの店内から入口方向を見たアングルです。

このカウンター席は、ぐるっとアイランド形に取り囲むように席が配置されています。

この界隈は昔は低所得世帯の住む鄙びた汚いイメージがありましたが今では

トレンディーな町に変貌を遂げ、お金持ちが列を作って席が空くのを待っているような

店がそこら中に立ち並んでいます。

 

 

↑私たちの座った席から厨房方面を眺めたアングル。

サーバーの制服は無くジーンズにシャツというカジュアルな服装です。

笑顔いっぱいで気持ちのいいサービス、気分良く食事が進みます。

 

 

↑サーディーンと野菜のマリネの前菜

 

 

↑歯ごたえのあるパン片にトマトソースが浸みパスタかサラダ感覚の

一品。これ、今度うちでもやってみようと思いました。

 

このあと、チーズとトリュフの細いアルデンテ・パスタが出てきましたが

話しに夢中だったのと美味しくてバクバク食べちゃったのとで写真を撮りそびれて

しまいましたぁ。(''◇'')ゞ

 

 

↑本日の主賓です。は〜い、私の丸焼き…(;゚Д゚)いえ、骨付きポークの

木ノ実と果実のソースですよ。お友達が食べやすいように取り分けてくれました。

美味しかった〜💓♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

↑フルーツのタルトとコーヒーで〆です。

サービスも雰囲気も、どの料理も不満や汚点を探したくても見つからない

まさに完璧ともいえるディナーとなりました。

私が完璧と思えるようなレストランて何年かに一度しか無いんです。

いつも荒探しばかりしてるような性格の悪い私ですからして。(~_~;)

 

 

この日、私が帰宅すると間もなく夫が帰宅。

にやけて手土産を持っていました。

照明を落として娘とセットアップ。

サープライズ〜♪

一日早い誕生日を祝ってくれましたよ。

記念日とか誕生日とか祝ったりしない家なんです。

なので結婚して初めてなんです。

誕生日に夫からケーキを貰ったのは。(・。・;💓

願いを込めてローソクを吹き消しました。

ありがとう。。。泣

 

| 食べる | 15:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ななつぼし

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

…とタイトルを付けて果たしてどのくらいの知名度があるのか

分かりませんが。

うちの目の前の韓国系食品スーパーで発見しちゃいましたーー〜!

 

 

↑そうなんです。『ななつぼし』というのは北海道産のお米で

今や全国区になりつつある有望株なんですねぇ。

もう一つ、知る人ぞ知る『ゆめぴりか』という一級品もあるのですがそちらの方は

まだこちらには入ってきていないようですね。

どちらの品種も我が故郷の町でも作られているため、私ちょっと鼻が高くなって

居りますの。いまや北海道でも本州と競えるほど美味しいお米が作られるようになったのですね。

こんな時代が到来するなんぞ昔は考えられないことでありました。

お百姓さん達の血と汗と涙と試行錯誤の結晶なんですねぇ。

感慨深いものがあります。(´;ω;`)ウゥゥ

 

しかしながら実を言いますとこの私、道産子でありながら

この2種のお米どちらもいまだに口にしておりません。

ネット通販で知人に送ったことはあるのですが…(;'∀')自分で賞味したこともないのに

「美味しいから食べてみて〜!」

なんて言って送りまくっております。恥ずかしい限り。

 

こちらに輸入されている美味しいコシヒカリのお米でも私達庶民に辛うじて

手が届くのはほとんどカリフォルニアで作られたお米なんです。

日本産の直輸入されたお米もあることはあるのですが恐ろしく値が張ります。

もっともカリフォルニア産であってもコシヒカリはコシヒカリですから

十分に美味しいですし日本でコシヒカリを買うよりずーっと安価で入手することができます。

 

そんなことに慣れてしまっているので

この『ななつぼし』を見つけた時、正直言って

 

「うわー、まさかの『ななつぼし』、来ちゃったよぉ。。。(@@;)w」

 

カナダで『ななつぼし』の名を知っている人がどれだけいるんでしょう???

しかも正真正銘の北海道産の『ななつぼし』なんです。

輸送費?、輸入税?、業者の儲け、小売店の儲け、

あぅー、売値を見るのが恐怖でしたよ。

どんだけ高額なんでしょう???目が飛び出るかもしれません。

知名度がなくて高額で、誰が買うんでしょう?

私くらいなものかもしれませんぜ。

 

そうしたら、値札を見て驚きました。

 

日本で確か5キロのが2500円くらいと聞きましたが此方での小売価格

は若干それより安いくらいなんです。

輸送費や儲けはどうなってるんでしょう?

他人事ですが心配になってしまいますねぇ。

 

即買いしました〜!

(*食べきれなくて古くなってしまっては困るので

爆買いは避けましたが…。)

 

今回は儲けなしで紹介がてらに入荷したのかもしれません。

もしあまり売れなかった場合、二度と入荷は考えてくれないかもしれませんから。

チャンスは逃がしません。

そして、どんだけ美味しいお米かをしっかり味わって、満足したうえで

また知人に送ることにしませう〜。

 

思いもよらずこんな機会を与えて下さった韓国スーパーさまに感謝ですねー。

💓<(_ _)>

 

| 想う | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

夜、西瓜を食べる

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

先日私が夜勤明けで帰宅、シャワーを浴びてから昼寝をしていた

間に夫は所用で外出。

眠れる森のビージョの(-_-;)私が眠りから目覚めると

夫は既に帰宅して居間のテレビで野球観戦中でした。

 

何気に台所に入るとカウンターの上に大きな西瓜が!💓

ええ、私の大大大好物です。

車を運転しない私なので一人で買い物の際西瓜を買うことはめったにありません。

たまにしばらく食べていないと禁断症状が現れるのでその時は

やむを得ず近所の八百屋へ走ります。

 

「夜勤明けで寝てる間に夫が西瓜を買っておいてくれた」

 

という、こんな嬉しい事はめったにありません。感動の極みです。

(私、”感動の極み”って言い方よく使いますか?

それじゃあ極みになりませんけどね。(;^ω^))

 

しかもいつもなら南米やカリフォルニア産なのですが今回のは

カナダBC州産です。地産地消がベストですよねなんと言っても。

新鮮だし安いし地元に貢献できますから。

 

せっかくですが夫の気持ちだけで十分感動してしまいました。

今日、その西瓜を食べてしまうのがなんだかもったいない気がして、

いつもなら買って来てすぐに冷水や冷蔵庫で冷やすところですが

その日はカウンターの上に置いたまま、一日ニコニコと眺めることにしました。

いつも食い意地が張ってる私の事です、このように目の前の餅をおあずけくったみたいに

我慢することはめったにない事なんです。それだけ、感動の気持ちを長持ちさせたかった

のでしょうねぇ。

さて、次の日になりました。

夫は仕事に出かけました。

私は家事を済ませて一段落したあと再び西瓜にハート型の目を向け

 

”ああ、やっぱり我慢できないわ。切ってしまいましょう”

 

うちは冷蔵庫の収容量が少ない上にいろいろごちゃごちゃと物が入っています。

西瓜を半分に切っても丸ごと一個分入るスペースがありません。

それでいつもは西瓜を切る時は、8等分にしてからすべて厚めに皮を切り落とし

食べ良い大きさにカットし大きなタッパウェアに詰め込みます。

 

それで冷蔵庫に入れておけばあとは夕食後のお楽しみ〜!💓となるわけですねぇ。

 

完了です。なんでもぐうたら鈍間ですがそういう手際はいいんですよ。

自分が食べる物に関しては情熱的な処理をする能力があるんです。( ´艸`)

 

夜になりました。

 

夫が帰宅するの夜10時過ぎです。それからシャワーを浴びてご飯を食べます。

せっかく夫が買って来てくれた西瓜です。夫の帰宅を待って一緒に食べようと

考えました。美味しいものを家族で一緒に分け合って食べれば喜び倍増…?

と、うまくいくとは限りませんが。

(ちなみに娘はシンガポールの幼稚園で西瓜攻めに遭ってから

西瓜が嫌いになってしまったので、一緒に分け合って食べる必要はありません。)

 

夜、夫が帰宅してシャワーを浴びている間に彼のための食事の準備を整えました。

(私の夕食は早めに済ませていました。)

…ほんの一瞬です。

睡魔が襲って来てソファで横になってしまったんですねぇ。

 

…目を覚ました時に見た光景に、言葉も出ませんでした。

 

夕食を終えた夫が、タッパウエアを抱えて獣のように齧り付いているではありませんか!

あんなに中身の入ったタッパウエアの底が見えています。

一緒に食べようと思ってそれはそれは楽しみにしていたのにぃ…。

 

私:あーあーあー!!!!!

 

  (´;ω;`)ウゥゥ

 

辛うじて残り数切れは奪い返すことに成功し賞味するに至りました。

 

夫:「このスイカ!美味しいねぇ、大当たりだね!

   やっぱり選ぶ人がいいからねぇ〜…えっ?なに、まだ食べてなかったの〜?」

 

ええ、いいんですよ。あなたが買って来てくれた西瓜なんですから。

でもね、いくら美味しいからって一人で寝る前にそんだけの量を食べたら

オネショしちゃうんじゃないでしょうかねぇ。西瓜は特に利尿作用があるっていうし。

そっちの方が心配なんですけども。。。。?

ただでさえ年を取って来て夜中に何度もおしっこに起きるのに。

 

そう言ったら、夫、ドキッとしたらしく目を丸くしてぼそっと

 

「…おむつして寝なきゃ。」

 

ですって。( ´艸`)

 

この一言には二人とも、大うけで笑いが止まりませんでした。

がしかし、笑っていられるのも今のうち。近い将来現実的なことになるのかも?

と心穏やかではありませんでした…。

 

ええ、いつぞや日本の友人が小包送ってくれたんです。

 

「いつか必要な時が来るかもよ。そっちにもあると思うけど

日本のは良いのが出てるからタンスにでもしまっておいてね。

いざという時慌てなくて済むよ!」

 

そこまで考えてくれる友達がいることに感謝ですねー。(^_^;)

 

| 家族 | 06:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

夏を味わう

 

JUGEMテーマ:バンクーバー

 

この季節は地元の旬の果物がふんだんにあり、私機嫌がいいです♡

 

 

↑この他に、スイカや桃も安くて美味しいですー。

栄養もたっぷり!

ただ食べ過ぎは注意ですね。果糖も摂り過ぎはxですからねぇ。(;´・ω・)

 

 

↑これは先週の土曜日イングリッシュ・ベイで開催された花火。

日本の大きな花火大会のとは比べ物にならない規模ですがそれでも

バンクーバーの夏の代表的な風物詩です。

コンペの参加国「日本」の日でした。あまり日本らしさは感じられませんでしたが…。??

 

ただ、今現在広がっているBC州内陸の森林火災のことを考えると

「花火などに興じていていいのかぁ?」

という疑問が…。

私個人としてはとても楽しめる状態には有りませんでした。

 

 

↑今朝の8時の太陽です。

月ではありません。沈まぬ太陽?のイメージでしょうか。

日の出が朝6時頃なのですでに2時間余りが経過しています。

絞りを太陽に合わせたのでこのような暗い写真になってしまいましたが

肉眼ではもう少し明るく感じます。('◇')ゞ

それにしても、北方での森林火災、すべてが鎮火するのはいつになるのでしょう。

しばらく雨は見込めませんし高温が続くという予報です。

近所の芝生もほとんど黄色になってしまいました。

稲刈り間近の田んぼを見ているような錯覚を憶えてしまいます。

飛行機の着陸まで心配になってしまいます。

青空が見えないのは構いませんが呼吸器官に問題のある方はどのように

過ごされているのでしょう。

私の場合は花粉症などは持っていないのにこのところ目がしょぼしょぼして

少し痛みを感じます。煙の影響を受けているせいでしょうか?わかりません。

 

実のところ、私、人間ができていないのでまたイラついています。

 

この森林火災が多発で各国からの救援をも得て沢山の消防士が消火活動にあたっている

というこの最中でも、火の付いたたばこのボイ捨てを街のあちこちで目撃しているのです。

どういう神経をしているのでしょうか?

「歩きたばこ」、「車中から」、火のついたまま捨てるんですねぇ。

どういう育てられ方をしてるのか親の顔を見てみたくなります。(# ゚Д゚)

 

表面的な報道では多くの発火原因は落雷から乾燥草木へ、

あるいはキャンプやバーベキューなどの後の火の不始末などから

となっているようですが私はそうは思っていません。

これだけ無神経な自己中心な人が多いというモラルそのものを正していく

事が先決だと思います。人気の少ない山中でこのポイ捨てをした場合、火が炎上して

大きくならないと誰も気が付きません。それから消火に駆けつけても簡単に収拾は

つきません。

 

自然災害によって家を失ったり、消火、修復するために多くの時間と労力が関り、

私たちの納めた税金や寄付金が費やされます。

無神経な誰かの火のついたたばこのポイ捨てによってこのような災難を被るなんていうことは

言語道断だと思います。

 

頭から湯気が出てきそうなので今日はこの辺にしておきます…。(-_-;)

 

| 楽しむ | 11:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

カナダからの手紙

JUGEMテーマ:闘病記

 

平尾昌晃さんが亡くなられました。

(なに?今頃。記事にするのが遅いんじゃ…(-"-;A ...!すみません。)

 

多忙でなかなか書けませんでした。

でも、どうしても一言書き留めておきたくPCに向かっております。

 

数多くの名曲を生み出された方ですが

中でも、

『カナダからの手紙』 (←クリック)

という曲、どなたも一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

 

この曲が生まれたのが1978年。

もちろん、これを聴いて「カナダに行きたい!」と思ったわけではありませんが。('◇')ゞ

 

私達がカナダに住み始めたのが1986年で、その後何年かの逃避 離加期間はありましたが

結果的にカナダに永住を決断し現在に至っているわけなんですねぇ。

夫の会社の赴任指示に付随してやってきたのですが、

やっぱり縁というのは魔訶不思議がものですよね。

それがきっかけで今まで知らなかった世界に入り込み見聞し新しい体験

をし子供も生まれ、あれよあれよという間にもう還暦間近。

 

恵まれた人生を過ごしてきました。

苦しむことも多少ありましたが今となっては、いい社会勉強となりました。

一つ苦しみを超えるたびに反省し成長して大きく前進できたと思うのです。

信州の田舎出の夫と北海道の田舎出の私が結婚して外国に永住して子育てだなんて

子供の頃には想像もでき得なかった世界です。

 

一時帰国の際に昔の仲間が集まってカラオケに行ったりすると

お決まりのリクエストが出ます。

 

゛おい、お前も何か歌えよー!そうだっ、「カナダからの手紙」!行けーっ!!”

 

昔ならカップルに歌わせるなら『銀座の恋の物語』とかが通例でした。(古!!(;'∀'))

カナダからの一時帰国になってからはまず間違いなく『カナダからの手紙』の要望です。

あたしたちの歌を聴いてどうすんの?なんてややこしいことは言いません。

歌いさえすれば皆さん喜ばれるのですから。

和の時間は多いに越したことはありませんからー。

 

歌詞の内容は私たちの境遇とは全く一致するものではありません。

それでもこのように場を和ませてくれるこの歌には不思議な力を感じていました。

平尾さんには心より感謝です。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

| 想う | 05:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

お待たせいたしました。ナルト料理とは…。

JUGEMテーマ:つぶやき。

突然ですが、5月に投稿したブログの中で疑問に思っていた

 

『NARUTO料理』(←クリック)

 

の謎を解明したのでここにご報告いたします。

 

先日、血液検査のため朝食抜きで家庭医の元へ行った帰りですが

小腹が空いたので、あの「ナルト料理」を思い出し、ドアを叩きました。

丁度昼時でたくさんの客で賑わっていました。

ベジロールのコンボを頼み、添えられた味噌汁を飲みながら

再度メニューを舐めるように見まわしましたがどこにも

「ナルト料理」らしき品目は見当たりません。

ナルトの天ぷらとか、ナルトの煮物とかがあるんじゃないかと想像を膨らませて

行ったのですがキツネに抓まれたような感じです。

 

疑問をそのままにして帰るのはすっきりしないし

不可解なので思い切って店員に訊いてみました。

 

私:「表の看板にあるナルト料理というのは何の事ですか?

メニューを見ても他所の日本食レストランと同じようなんですが??」

 

店員:「ああ、ナルトというのは日本料理のことですよ。

 

私:「え?どういう意味ですか?」

 

店員:「ナルトという日本のアニメがあるでしょう?あれから来てるんですが

   主人公のナルトは決して諦めない不屈の精神を持っているんです。

   それで、そのような日本人が食べている料理=ナルト料理と言うんです。」

 

私:「…!!?、あ、ああそういう事だったんですね、意味が分かりました。

   忙しいのに説明してくれてありがとう。」

 

ええ、、、(・_・;)w 解決はしましたが、なんだか後味が悪いですよねぇ。

 

ナルト料理(日本料理)を食べればあなたもナルト(日本人)のようになれる

 

みたいな、喜ぶべきなのか?日本人の不屈精神を誇らしく思うべきなのか?

はたまた、題材にされて遊ばれているだけなのか?複雑です。

そんな「ナルト料理と言う」だなんて、勝手に決めていいのかい?

現にそういわれていることを日本人は誰も知らないでしょうし。

このお店のオーナーがナルトを好きで

 

「よし!この精神で行こう!きまり!ナルトは知名度のあるキャラクターだから

きっと繁盛するに違いない!」

 

と喜び勇んで店名にしたんでしょうねぇ。

これって、場合によっては法的にも引っかかるんじゃないですか?

美味しくて安全なものを供しているならまだしも粗悪品で評判を落としたら

本家『ナルト』のキャラクターのイメージダウンにも成りかねないじゃないですかー。

 

と、

相変わらずブツブツ呟く私でありました。

 

先日「心をゆったり構える」と宣言したばかりの私ですが、

まだまだ精進が足りていないようです。

 

| 疑問 | 03:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

桃源郷へ

JUGEMテーマ:季節の旬なもの

 

一泊で秘境へハイキングに行ったの…は、

私ではありません。

娘とそのボーイフレンドです。汗

前日には親友の結婚式がありブライズ・メイドを務めたばかりでお疲れのはずなのに

若いというのは全く素晴らしいですねぇ。(~_~;)

 

もらった写真がとっても綺麗なのでここでも紹介させていただこうと思いました。

(承諾を得ています。汗)

 

 

↑娘はチップマンクと言っていました。日本ではシマリスのことを言いますね。

つぶらな瞳、小さな手。可愛いですねぇーーー💓!!(;''∀'')/

 

ここは冬季五輪のスキー種目会場となったウイスラーまで車で約2時間。そこから

更に1時間程北方に行ったペンバートンというところの奥地にあります。

普段からボーイフレンドと一緒にあちこちハイキングをするのが共通の楽しみで

今回もネットで仲間より情報を得ての突撃です。

 

 

↑湖の畔でこうして木ノ実などを手に乗せて上方に翳すと鳥がやって来て

停まるんだそうです。警戒しないんですね。

というか、人慣れしているし、餌がもらえるので喜んで来るんでしょうね。

長くカナダに住んでいるのに私はこんなところがあることを

今まで知りませんでした。

共生している感が何とも良いですねぇ。

山の傍の住宅地などにクマが出没していると銃で撃たれて処分されてしまうことが

多いと思いますが、お互いのテリトリーを尊重しながら

このような共生ができるのが一番いい形なのでしょうけれど

野生の大型動物となるとどうしてもそうはいかないのでしょうね。

人間の方が後から入り込んできた生き物なのに先に住んでいた生き物を殺す。。。

複雑な思いです。

知床などではクマの出没地へ足を踏み入れるるときガイドさんが、

「クマのテリトリーに人間がお邪魔させていただいている、

という意識を忘れないでください」

と話されていたのを思い出しました…。

 

今、州の内陸部では森林火災でまだ大変な事態が続いています。

 

上の写真の背景にも白っぽい靄のようなものが掛かっています。

この辺りでは火災の煙も

混ざっているようだったと娘は言っていましたが

健康被害にまではなっていないとのことでした。

 

BC州では毎年のように夏の日照りや雷、人的要因で森林火災が発生します。

早急の鎮火を願うばかりです。(・_・;)

 

| 楽しむ | 15:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

定期健康診断

 

とうとう今年も行ってまいりました。

家庭医の元での年に一度の健康診断です。

血液検査はほとんどのカテゴリーにチェックを入れてもらいました。

同時に尿検査も。

血液検査ですが今回は、いつものように一般のカテゴリー+C型肝炎ウイルスの有無、

それにここ数年を通じての腹部全体の痛みと時折固く攣るような腹部の部分硬直が

起きる事の原因を探るべくリンパ腫やピロリ菌、腹膜の異常がないか等の確認もしっかり

お願いしました。

というのも、私の母方の兄弟の多くがガンで亡くなっているため自分も何らかの

要因を受け継いでいるのではという不安を感じているからです。

そして、内視鏡での検査をしても異常はなかったのですが

去年お亡くなりになった登山家として有名だった田部井敦子さんもこの病気だったこと、

その症状に似たところがあることで不安が増幅しているためなんですね。

 

まあ、どちらにしても過去に保持していたウイルスの悪さで治った後でも肝臓がんが

できる可能性があるということで検査するために

いつも腹部の超音波検査もこの時期に不可欠なので更にしっかり診てもらえるよう

ドクターに念を押してきました。(-"-;A ...ふう…

 

超音波検査のクリニックは家庭医のオフィスからワンブロックの近さのところに

あります。血液・尿の検査を終えてからそこへ行き予約を取り付けてきました。

 

31日に決まりました。

 

それが済むと、今度は2年に1度の乳がん検診が控えています。

これは強制というわけではありませんが40歳を過ぎると2年に1度州の方から手紙で

「受ける時期がやってきました!」(''◇'')ゞ

という通知が届くんです。

この検査の苦痛を味わいたくないがために通知を無視して検査に行かないという

知人もいるので私もそうしたい旨夫に申し出ましたが即却下されてしまいました。

州からの通知が強制でなくとも夫としては強制執行を言い渡す(~_~;)とのことです。

言い訳無用だそうです。

昨今、彼にはかなりのポイントを取られています。

借りがあるので逆らえません。😞💦…

 

7月後半はいろいろと仕事が込み入ってるので8月に入ったら行ってきます。

 

先日は歯医者に定期クリーニングとチェックに行ってきたのですが

奥歯の歯肉の中に隠れている部分に歯石がついていたというので後日また受診して

歯肉を切開しきれいにして、また歯肉を縫合するという処置をしてもらったの

ですがその処置直後に歯科医の言ったことに愕然としてしまいました。

 

「あのね、Nさん、今回の処置は無事終わりましたが、中を開けてみたら

歯石のついていた歯の根元にヒビが入っていたんですよね。そしてその下の

骨が溶け始めていたんです。今回は一旦縫合しましたが、すぐにとは言いませんが

遅かれ早かれこの歯は抜かなくてはなりませんね。そうしないと前後に広がってもっと

大がかりな事になってしまいます。

その後の処置としては、穴の開いたままそのままというのもありだし、前後の歯に掛けて

ブリッジ(3連)にするか、部分入れ歯、でなければインプラント、という選択肢に

なりますね。とりあえず3か月後のクリーニングの時にまた状態をチェックしますので

それまでに考えておいてください。お大事にー。」

 

ですって…。(-_-;)

 

神経を抜いてある歯だったのでそこまで進んでいても全く痛みがなかったため

気が付かなかったんですよね。ショックでした。

夫は何本もインプラントの歯を持っていますが作る度に

 

「骨にネジを埋め込むんだぞ〜('◇')ゞ信じらんないよなぁ」

 

なんてシャアシャアと恐ろしい表現で言いのけるので私はしっかりビビッてしまったのです。

 

「いつか歯医者でインプラントを勧められる時が来ても私は

 

絶対ヽ(`Д´)ノやらないよーー!!」

 

と宣言してました。

ええ、その宣言は今も変わりませんとも。

 

部分入れ歯は毎日着けたり外したりがあるので前後の歯に負担がかかりダメージしやすい

のだそうです。お掃除はちょっと面倒だけどやっぱり私にはブリッジが無難でしょうね。

 

歯の修理が嫌な私+高額治療費の嵩むのが困る私・・・ですから、

カルシウムやビタミンⅮの栄養をしっかり摂って甘いものを避け、歯の手入れを万全に

しなくてはいけない…そのように努力してはいるのですがねぇ。。。

 

知ってる人の中にはどんなに神経質になるほど歯の手入れを怠らなくとも

虫歯や歯槽膿漏ができやすい人がいるかと思えば

片や歯磨きをしないまま寝ちゃうことが多くても虫歯一本無い綺麗な

歯並びの人もいるんですよねー。

不思議ですよね。

あれって母親の妊娠中の栄養摂取とかが

影響してるんでしょうかね?それともご本人の栄養摂取??

 

あーあ歯の治療って好きな人はいないでしょうね…。

 

BC州では現在、日照り続きで森林火災が多く発生し州は非常事態宣言を

出しました。カナダ内外から消火救援隊が来てくれています。

家を失った人も多く出ています。

 

あれこれといつもに無く落ち着かない今年の夏です。

 

健康診断や歯の治療が嫌だなんて悠長なことを言ってられる場合ではありませんね…。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

 

| 健康 | 12:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM