食事制限

 

家庭医の元へ行ってきました。

先月末の各種検査の総合結果を聞くためにです。

 

C型肝炎ウイルスはもちろん『検出セズ』で良かったです。

肝機能、白血球、赤血球、ヘモグロビン、etc…バッチリです。👌🆗

超音波の検査結果も胆石は変わらず小さいのがたくさんあるものの

大きくなったり増えたりということでもなく一応そのままでも問題なし。

 

ところがです!!

 

今まで健康診断というと「胆石」や「がん」のことばかりを心配していた私ですが

今回ドクターからとてもショッキングな発言が…。

 

「がん」宣告よりショッキングな発言があるのん?

 

と思われるかもしれませんね。

がんの宣告を受けたらどれだけショックなのかがわからないので

正直、比べようがありませんけれど。(-_-;)

 

ただ、この私自慢じゃないですが食べる楽しみが生きている証!

と思っています。なので、ほら、日本へ一時帰国した時などは

この時とばかりに財布の紐も緩めっぱなしで食べ通し食べていますでしょ?

美味しい物目白押しですからねぇ。もう我慢してられないんですわ。

 

しかして、普段の手前の食事はローカロリー、脂肪分極力控えめ、と

気を付けるようにしていました。せめて大好きな果物は果糖があるとはいえ

少なくとも脂肪分は無いので制限無く食べ放題。

 

そんな極端な食生活が功を奏しました

いや、その逆です…、

罰が下りました。

 

コレステロール糖分の数値がとんでもないことに!!!(゚Д゚;)

 

私、以前はコレステロールは甲殻類や鶏卵、魚卵などに多いものと思っておりました。

しかし、ドクターに言わせるとコレステロール=脂肪という観念なんですね。

それを分かっていたので揚げ物や脂肪分の多い肉や炒め物はなるべく避けていたんですよ。

極たまーにアイスやケーキを食べてはいましたが。

 

「これからは99%脂肪分抜きの食事にするように」

 

とな…。

いつも診察に行っても旅行やスポーツの話で盛り上がり幸せな時間を与えてくれる

大好きだった家庭医のドクターLが鬼のように見えてしまい恐れ慄きました。

 

おまけに、

 

「糖分もかなりだねぇ…。これは、まずいねぇ…。」

 

と深刻な眼差し。これまでのドクターLとはまるで別人です。(◎_◎;)

糖分は想像がつきました。

脂肪分を控える反動でアイスクリームやケーキを我慢してたので

甘い果物や無脂肪の甘いヨーグルトを毎日貪るように食していたのですから

更に脂肪の無い和菓子系の餡子ものも毎日のように食べてました…。

心当たりのある

当然の結果であります。ハー…。(溜息)

 

 

食べる楽しみがグーンと引いてしまいました。

 

まあ、これらを控えることと運動を余計に実行すればここ数年溜まりに溜まった

お腹の贅肉も少しはすっきりするのかもしれませんよね。

物は考えようですね。食生活改善で命拾い!ということに繋がるのかも

しれません。いい機会を与えられたと感謝して即実行です。

 

精進料理のようなメニューで行こうかなぁ。

納豆や豆腐、薄味の煮物、芋や玄米、そういうのがよさそうですね。

果物はグレープフルーツとかがいいかな。

 

明るくいこうと思うのですが

やっぱり、ちょっと元気が出ません。

 

世界中に飢えで苦しむ人たちがいることを考えたら脂肪や糖分を抑える事なんて

屁でもありませんよね。様々な食品が手に入る暮らしに感謝しないと。

がんばります!

頑張るファイトファイト

 

ps 腹痛と便の異常が続いていたので胃の内視鏡の検査を受けることになりました。

大腸の内視鏡は2年前に受けて異常が無かったので今度は上部というわけです。

こちらは検査も手術も州の保険で全額カバーされます。その分順番待ちにとてつもない

時間がかかります。たぶん私の番が回って来るのは年末くらいでしょうか?!

気長に構えることとします。<(_ _)>

 

 

| 食べる | 02:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

やっと!…3週間振りの青空

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

やっと、やっとのことで今日は周辺の山々が見えて数週間ぶりに青空も

見渡すことができました〜。

 

ええ、ずっと内陸での多発森林火災の煙が流れてきていたんです。

私の目もしょぼついていよいよドライアイや白内障などの問題発生かと

覚悟していたのですが、今日はさすがにかなり違います。目のしょぼつきが

ありません。

 

↓昼間でも、こんなんでした。見るからに息苦しいでしょう?

 まるで光化学スモッグか雪でもふってるみたいでしたから。

 

 

晴れ渡って美しい山々が見え始めると感じますね。

美味しく澄んだ空気のなんと貴重な事か…と。

美味しい水も、美味しい空気も、ある時はそれが当たり前と感じ、

いざ手に入らないとなると、無駄に使わず大切にしなくてはならないことを

痛感するものですよね。それでまた時間が経つと「喉元過ぎれば熱さ忘るる」

になってしまうのですよね。人間て愚かだなぁと思います。

 

ただ、まだ火災が無くなったわけではなく消火活動は続けられています。

風向きが変わったというだけなのかもしれません。油断禁物です。

 

さてゆう★

 

先週の金曜日、珍しく(特別に珍しく)女子友と二人で高級イタリアンにディナーと

洒落こみましたー。

私がそんな贅沢を??

”ああ、やっぱりわかっていないんだな、そんなお金の無駄使いなんかして。。。”

と怒らないでくださいね。

この女子は何十年も前に夫を通じて知り合った憧れの方だったのですが

なんとあるきっかけで最近になって急接近をしましてね〜。

「これから時々一緒にお茶やランチに行きましょうよ!」

とお誘いを受けて参上した次第なのです。

内向的で友達作りの苦手な私に、この歳になって新しい友出現ですよーー💓

うちは夫婦共にカナダでは心の通じる友が居なかったので

嫌われない様にいいお付き合いができるように頑張ろうと思うのです。

できるだけ自然体でねー。

縁というのは探して見つかるというものではありませんよねぇ。

しかも波長が合う、一緒に居て楽しい、疲れない、そういうお友達に巡り合う

なんていう機会などおいそれと巡ってくるものではありません。

貴重なカナダでの女子友です。不安ですがね。

 

 

↑レストランの店内から入口方向を見たアングルです。

このカウンター席は、ぐるっとアイランド形に取り囲むように席が配置されています。

この界隈は昔は低所得世帯の住む鄙びた汚いイメージがありましたが今では

トレンディーな町に変貌を遂げ、お金持ちが列を作って席が空くのを待っているような

店がそこら中に立ち並んでいます。

 

 

↑私たちの座った席から厨房方面を眺めたアングル。

サーバーの制服は無くジーンズにシャツというカジュアルな服装です。

笑顔いっぱいで気持ちのいいサービス、気分良く食事が進みます。

 

 

↑サーディーンと野菜のマリネの前菜

 

 

↑歯ごたえのあるパン片にトマトソースが浸みパスタかサラダ感覚の

一品。これ、今度うちでもやってみようと思いました。

 

このあと、チーズとトリュフの細いアルデンテ・パスタが出てきましたが

話しに夢中だったのと美味しくてバクバク食べちゃったのとで写真を撮りそびれて

しまいましたぁ。(''◇'')ゞ

 

 

↑本日の主賓です。は〜い、私の丸焼き…(;゚Д゚)いえ、骨付きポークの

木ノ実と果実のソースですよ。お友達が食べやすいように取り分けてくれました。

美味しかった〜💓♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

↑フルーツのタルトとコーヒーで〆です。

サービスも雰囲気も、どの料理も不満や汚点を探したくても見つからない

まさに完璧ともいえるディナーとなりました。

私が完璧と思えるようなレストランて何年かに一度しか無いんです。

いつも荒探しばかりしてるような性格の悪い私ですからして。(~_~;)

 

 

この日、私が帰宅すると間もなく夫が帰宅。

にやけて手土産を持っていました。

照明を落として娘とセットアップ。

サープライズ〜♪

一日早い誕生日を祝ってくれましたよ。

記念日とか誕生日とか祝ったりしない家なんです。

なので結婚して初めてなんです。

誕生日に夫からケーキを貰ったのは。(・。・;💓

願いを込めてローソクを吹き消しました。

ありがとう。。。泣

 

| 食べる | 15:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ななつぼし

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

…とタイトルを付けて果たしてどのくらいの知名度があるのか

分かりませんが。

うちの目の前の韓国系食品スーパーで発見しちゃいましたーー〜!

 

 

↑そうなんです。『ななつぼし』というのは北海道産のお米で

今や全国区になりつつある有望株なんですねぇ。

もう一つ、知る人ぞ知る『ゆめぴりか』という一級品もあるのですがそちらの方は

まだこちらには入ってきていないようですね。

どちらの品種も我が故郷の町でも作られているため、私ちょっと鼻が高くなって

居りますの。いまや北海道でも本州と競えるほど美味しいお米が作られるようになったのですね。

こんな時代が到来するなんぞ昔は考えられないことでありました。

お百姓さん達の血と汗と涙と試行錯誤の結晶なんですねぇ。

感慨深いものがあります。(´;ω;`)ウゥゥ

 

しかしながら実を言いますとこの私、道産子でありながら

この2種のお米どちらもいまだに口にしておりません。

ネット通販で知人に送ったことはあるのですが…(;'∀')自分で賞味したこともないのに

「美味しいから食べてみて〜!」

なんて言って送りまくっております。恥ずかしい限り。

 

こちらに輸入されている美味しいコシヒカリのお米でも私達庶民に辛うじて

手が届くのはほとんどカリフォルニアで作られたお米なんです。

日本産の直輸入されたお米もあることはあるのですが恐ろしく値が張ります。

もっともカリフォルニア産であってもコシヒカリはコシヒカリですから

十分に美味しいですし日本でコシヒカリを買うよりずーっと安価で入手することができます。

 

そんなことに慣れてしまっているので

この『ななつぼし』を見つけた時、正直言って

 

「うわー、まさかの『ななつぼし』、来ちゃったよぉ。。。(@@;)w」

 

カナダで『ななつぼし』の名を知っている人がどれだけいるんでしょう???

しかも正真正銘の北海道産の『ななつぼし』なんです。

輸送費?、輸入税?、業者の儲け、小売店の儲け、

あぅー、売値を見るのが恐怖でしたよ。

どんだけ高額なんでしょう???目が飛び出るかもしれません。

知名度がなくて高額で、誰が買うんでしょう?

私くらいなものかもしれませんぜ。

 

そうしたら、値札を見て驚きました。

 

日本で確か5キロのが2500円くらいと聞きましたが此方での小売価格

は若干それより安いくらいなんです。

輸送費や儲けはどうなってるんでしょう?

他人事ですが心配になってしまいますねぇ。

 

即買いしました〜!

(*食べきれなくて古くなってしまっては困るので

爆買いは避けましたが…。)

 

今回は儲けなしで紹介がてらに入荷したのかもしれません。

もしあまり売れなかった場合、二度と入荷は考えてくれないかもしれませんから。

チャンスは逃がしません。

そして、どんだけ美味しいお米かをしっかり味わって、満足したうえで

また知人に送ることにしませう〜。

 

思いもよらずこんな機会を与えて下さった韓国スーパーさまに感謝ですねー。

💓<(_ _)>

 

| 想う | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

夜、西瓜を食べる

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

先日私が夜勤明けで帰宅、シャワーを浴びてから昼寝をしていた

間に夫は所用で外出。

眠れる森のビージョの(-_-;)私が眠りから目覚めると

夫は既に帰宅して居間のテレビで野球観戦中でした。

 

何気に台所に入るとカウンターの上に大きな西瓜が!💓

ええ、私の大大大好物です。

車を運転しない私なので一人で買い物の際西瓜を買うことはめったにありません。

たまにしばらく食べていないと禁断症状が現れるのでその時は

やむを得ず近所の八百屋へ走ります。

 

「夜勤明けで寝てる間に夫が西瓜を買っておいてくれた」

 

という、こんな嬉しい事はめったにありません。感動の極みです。

(私、”感動の極み”って言い方よく使いますか?

それじゃあ極みになりませんけどね。(;^ω^))

 

しかもいつもなら南米やカリフォルニア産なのですが今回のは

カナダBC州産です。地産地消がベストですよねなんと言っても。

新鮮だし安いし地元に貢献できますから。

 

せっかくですが夫の気持ちだけで十分感動してしまいました。

今日、その西瓜を食べてしまうのがなんだかもったいない気がして、

いつもなら買って来てすぐに冷水や冷蔵庫で冷やすところですが

その日はカウンターの上に置いたまま、一日ニコニコと眺めることにしました。

いつも食い意地が張ってる私の事です、このように目の前の餅をおあずけくったみたいに

我慢することはめったにない事なんです。それだけ、感動の気持ちを長持ちさせたかった

のでしょうねぇ。

さて、次の日になりました。

夫は仕事に出かけました。

私は家事を済ませて一段落したあと再び西瓜にハート型の目を向け

 

”ああ、やっぱり我慢できないわ。切ってしまいましょう”

 

うちは冷蔵庫の収容量が少ない上にいろいろごちゃごちゃと物が入っています。

西瓜を半分に切っても丸ごと一個分入るスペースがありません。

それでいつもは西瓜を切る時は、8等分にしてからすべて厚めに皮を切り落とし

食べ良い大きさにカットし大きなタッパウェアに詰め込みます。

 

それで冷蔵庫に入れておけばあとは夕食後のお楽しみ〜!💓となるわけですねぇ。

 

完了です。なんでもぐうたら鈍間ですがそういう手際はいいんですよ。

自分が食べる物に関しては情熱的な処理をする能力があるんです。( ´艸`)

 

夜になりました。

 

夫が帰宅するの夜10時過ぎです。それからシャワーを浴びてご飯を食べます。

せっかく夫が買って来てくれた西瓜です。夫の帰宅を待って一緒に食べようと

考えました。美味しいものを家族で一緒に分け合って食べれば喜び倍増…?

と、うまくいくとは限りませんが。

(ちなみに娘はシンガポールの幼稚園で西瓜攻めに遭ってから

西瓜が嫌いになってしまったので、一緒に分け合って食べる必要はありません。)

 

夜、夫が帰宅してシャワーを浴びている間に彼のための食事の準備を整えました。

(私の夕食は早めに済ませていました。)

…ほんの一瞬です。

睡魔が襲って来てソファで横になってしまったんですねぇ。

 

…目を覚ました時に見た光景に、言葉も出ませんでした。

 

夕食を終えた夫が、タッパウエアを抱えて獣のように齧り付いているではありませんか!

あんなに中身の入ったタッパウエアの底が見えています。

一緒に食べようと思ってそれはそれは楽しみにしていたのにぃ…。

 

私:あーあーあー!!!!!

 

  (´;ω;`)ウゥゥ

 

辛うじて残り数切れは奪い返すことに成功し賞味するに至りました。

 

夫:「このスイカ!美味しいねぇ、大当たりだね!

   やっぱり選ぶ人がいいからねぇ〜…えっ?なに、まだ食べてなかったの〜?」

 

ええ、いいんですよ。あなたが買って来てくれた西瓜なんですから。

でもね、いくら美味しいからって一人で寝る前にそんだけの量を食べたら

オネショしちゃうんじゃないでしょうかねぇ。西瓜は特に利尿作用があるっていうし。

そっちの方が心配なんですけども。。。。?

ただでさえ年を取って来て夜中に何度もおしっこに起きるのに。

 

そう言ったら、夫、ドキッとしたらしく目を丸くしてぼそっと

 

「…おむつして寝なきゃ。」

 

ですって。( ´艸`)

 

この一言には二人とも、大うけで笑いが止まりませんでした。

がしかし、笑っていられるのも今のうち。近い将来現実的なことになるのかも?

と心穏やかではありませんでした…。

 

ええ、いつぞや日本の友人が小包送ってくれたんです。

 

「いつか必要な時が来るかもよ。そっちにもあると思うけど

日本のは良いのが出てるからタンスにでもしまっておいてね。

いざという時慌てなくて済むよ!」

 

そこまで考えてくれる友達がいることに感謝ですねー。(^_^;)

 

| 家族 | 06:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

夏を味わう

 

JUGEMテーマ:バンクーバー

 

この季節は地元の旬の果物がふんだんにあり、私機嫌がいいです♡

 

 

↑この他に、スイカや桃も安くて美味しいですー。

栄養もたっぷり!

ただ食べ過ぎは注意ですね。果糖も摂り過ぎはxですからねぇ。(;´・ω・)

 

 

↑これは先週の土曜日イングリッシュ・ベイで開催された花火。

日本の大きな花火大会のとは比べ物にならない規模ですがそれでも

バンクーバーの夏の代表的な風物詩です。

コンペの参加国「日本」の日でした。あまり日本らしさは感じられませんでしたが…。??

 

ただ、今現在広がっているBC州内陸の森林火災のことを考えると

「花火などに興じていていいのかぁ?」

という疑問が…。

私個人としてはとても楽しめる状態には有りませんでした。

 

 

↑今朝の8時の太陽です。

月ではありません。沈まぬ太陽?のイメージでしょうか。

日の出が朝6時頃なのですでに2時間余りが経過しています。

絞りを太陽に合わせたのでこのような暗い写真になってしまいましたが

肉眼ではもう少し明るく感じます。('◇')ゞ

それにしても、北方での森林火災、すべてが鎮火するのはいつになるのでしょう。

しばらく雨は見込めませんし高温が続くという予報です。

近所の芝生もほとんど黄色になってしまいました。

稲刈り間近の田んぼを見ているような錯覚を憶えてしまいます。

飛行機の着陸まで心配になってしまいます。

青空が見えないのは構いませんが呼吸器官に問題のある方はどのように

過ごされているのでしょう。

私の場合は花粉症などは持っていないのにこのところ目がしょぼしょぼして

少し痛みを感じます。煙の影響を受けているせいでしょうか?わかりません。

 

実のところ、私、人間ができていないのでまたイラついています。

 

この森林火災が多発で各国からの救援をも得て沢山の消防士が消火活動にあたっている

というこの最中でも、火の付いたたばこのボイ捨てを街のあちこちで目撃しているのです。

どういう神経をしているのでしょうか?

「歩きたばこ」、「車中から」、火のついたまま捨てるんですねぇ。

どういう育てられ方をしてるのか親の顔を見てみたくなります。(# ゚Д゚)

 

表面的な報道では多くの発火原因は落雷から乾燥草木へ、

あるいはキャンプやバーベキューなどの後の火の不始末などから

となっているようですが私はそうは思っていません。

これだけ無神経な自己中心な人が多いというモラルそのものを正していく

事が先決だと思います。人気の少ない山中でこのポイ捨てをした場合、火が炎上して

大きくならないと誰も気が付きません。それから消火に駆けつけても簡単に収拾は

つきません。

 

自然災害によって家を失ったり、消火、修復するために多くの時間と労力が関り、

私たちの納めた税金や寄付金が費やされます。

無神経な誰かの火のついたたばこのポイ捨てによってこのような災難を被るなんていうことは

言語道断だと思います。

 

頭から湯気が出てきそうなので今日はこの辺にしておきます…。(-_-;)

 

| 楽しむ | 11:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

カナダからの手紙

JUGEMテーマ:闘病記

 

平尾昌晃さんが亡くなられました。

(なに?今頃。記事にするのが遅いんじゃ…(-"-;A ...!すみません。)

 

多忙でなかなか書けませんでした。

でも、どうしても一言書き留めておきたくPCに向かっております。

 

数多くの名曲を生み出された方ですが

中でも、

『カナダからの手紙』 (←クリック)

という曲、どなたも一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

 

この曲が生まれたのが1978年。

もちろん、これを聴いて「カナダに行きたい!」と思ったわけではありませんが。('◇')ゞ

 

私達がカナダに住み始めたのが1986年で、その後何年かの逃避 離加期間はありましたが

結果的にカナダに永住を決断し現在に至っているわけなんですねぇ。

夫の会社の赴任指示に付随してやってきたのですが、

やっぱり縁というのは魔訶不思議がものですよね。

それがきっかけで今まで知らなかった世界に入り込み見聞し新しい体験

をし子供も生まれ、あれよあれよという間にもう還暦間近。

 

恵まれた人生を過ごしてきました。

苦しむことも多少ありましたが今となっては、いい社会勉強となりました。

一つ苦しみを超えるたびに反省し成長して大きく前進できたと思うのです。

信州の田舎出の夫と北海道の田舎出の私が結婚して外国に永住して子育てだなんて

子供の頃には想像もでき得なかった世界です。

 

一時帰国の際に昔の仲間が集まってカラオケに行ったりすると

お決まりのリクエストが出ます。

 

゛おい、お前も何か歌えよー!そうだっ、「カナダからの手紙」!行けーっ!!”

 

昔ならカップルに歌わせるなら『銀座の恋の物語』とかが通例でした。(古!!(;'∀'))

カナダからの一時帰国になってからはまず間違いなく『カナダからの手紙』の要望です。

あたしたちの歌を聴いてどうすんの?なんてややこしいことは言いません。

歌いさえすれば皆さん喜ばれるのですから。

和の時間は多いに越したことはありませんからー。

 

歌詞の内容は私たちの境遇とは全く一致するものではありません。

それでもこのように場を和ませてくれるこの歌には不思議な力を感じていました。

平尾さんには心より感謝です。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

| 想う | 05:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

お待たせいたしました。ナルト料理とは…。

JUGEMテーマ:つぶやき。

突然ですが、5月に投稿したブログの中で疑問に思っていた

 

『NARUTO料理』(←クリック)

 

の謎を解明したのでここにご報告いたします。

 

先日、血液検査のため朝食抜きで家庭医の元へ行った帰りですが

小腹が空いたので、あの「ナルト料理」を思い出し、ドアを叩きました。

丁度昼時でたくさんの客で賑わっていました。

ベジロールのコンボを頼み、添えられた味噌汁を飲みながら

再度メニューを舐めるように見まわしましたがどこにも

「ナルト料理」らしき品目は見当たりません。

ナルトの天ぷらとか、ナルトの煮物とかがあるんじゃないかと想像を膨らませて

行ったのですがキツネに抓まれたような感じです。

 

疑問をそのままにして帰るのはすっきりしないし

不可解なので思い切って店員に訊いてみました。

 

私:「表の看板にあるナルト料理というのは何の事ですか?

メニューを見ても他所の日本食レストランと同じようなんですが??」

 

店員:「ああ、ナルトというのは日本料理のことですよ。

 

私:「え?どういう意味ですか?」

 

店員:「ナルトという日本のアニメがあるでしょう?あれから来てるんですが

   主人公のナルトは決して諦めない不屈の精神を持っているんです。

   それで、そのような日本人が食べている料理=ナルト料理と言うんです。」

 

私:「…!!?、あ、ああそういう事だったんですね、意味が分かりました。

   忙しいのに説明してくれてありがとう。」

 

ええ、、、(・_・;)w 解決はしましたが、なんだか後味が悪いですよねぇ。

 

ナルト料理(日本料理)を食べればあなたもナルト(日本人)のようになれる

 

みたいな、喜ぶべきなのか?日本人の不屈精神を誇らしく思うべきなのか?

はたまた、題材にされて遊ばれているだけなのか?複雑です。

そんな「ナルト料理と言う」だなんて、勝手に決めていいのかい?

現にそういわれていることを日本人は誰も知らないでしょうし。

このお店のオーナーがナルトを好きで

 

「よし!この精神で行こう!きまり!ナルトは知名度のあるキャラクターだから

きっと繁盛するに違いない!」

 

と喜び勇んで店名にしたんでしょうねぇ。

これって、場合によっては法的にも引っかかるんじゃないですか?

美味しくて安全なものを供しているならまだしも粗悪品で評判を落としたら

本家『ナルト』のキャラクターのイメージダウンにも成りかねないじゃないですかー。

 

と、

相変わらずブツブツ呟く私でありました。

 

先日「心をゆったり構える」と宣言したばかりの私ですが、

まだまだ精進が足りていないようです。

 

| 疑問 | 03:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

桃源郷へ

JUGEMテーマ:季節の旬なもの

 

一泊で秘境へハイキングに行ったの…は、

私ではありません。

娘とそのボーイフレンドです。汗

前日には親友の結婚式がありブライズ・メイドを務めたばかりでお疲れのはずなのに

若いというのは全く素晴らしいですねぇ。(~_~;)

 

もらった写真がとっても綺麗なのでここでも紹介させていただこうと思いました。

(承諾を得ています。汗)

 

 

↑娘はチップマンクと言っていました。日本ではシマリスのことを言いますね。

つぶらな瞳、小さな手。可愛いですねぇーーー💓!!(;''∀'')/

 

ここは冬季五輪のスキー種目会場となったウイスラーまで車で約2時間。そこから

更に1時間程北方に行ったペンバートンというところの奥地にあります。

普段からボーイフレンドと一緒にあちこちハイキングをするのが共通の楽しみで

今回もネットで仲間より情報を得ての突撃です。

 

 

↑湖の畔でこうして木ノ実などを手に乗せて上方に翳すと鳥がやって来て

停まるんだそうです。警戒しないんですね。

というか、人慣れしているし、餌がもらえるので喜んで来るんでしょうね。

長くカナダに住んでいるのに私はこんなところがあることを

今まで知りませんでした。

共生している感が何とも良いですねぇ。

山の傍の住宅地などにクマが出没していると銃で撃たれて処分されてしまうことが

多いと思いますが、お互いのテリトリーを尊重しながら

このような共生ができるのが一番いい形なのでしょうけれど

野生の大型動物となるとどうしてもそうはいかないのでしょうね。

人間の方が後から入り込んできた生き物なのに先に住んでいた生き物を殺す。。。

複雑な思いです。

知床などではクマの出没地へ足を踏み入れるるときガイドさんが、

「クマのテリトリーに人間がお邪魔させていただいている、

という意識を忘れないでください」

と話されていたのを思い出しました…。

 

今、州の内陸部では森林火災でまだ大変な事態が続いています。

 

上の写真の背景にも白っぽい靄のようなものが掛かっています。

この辺りでは火災の煙も

混ざっているようだったと娘は言っていましたが

健康被害にまではなっていないとのことでした。

 

BC州では毎年のように夏の日照りや雷、人的要因で森林火災が発生します。

早急の鎮火を願うばかりです。(・_・;)

 

| 楽しむ | 15:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

定期健康診断

 

とうとう今年も行ってまいりました。

家庭医の元での年に一度の健康診断です。

血液検査はほとんどのカテゴリーにチェックを入れてもらいました。

同時に尿検査も。

血液検査ですが今回は、いつものように一般のカテゴリー+C型肝炎ウイルスの有無、

それにここ数年を通じての腹部全体の痛みと時折固く攣るような腹部の部分硬直が

起きる事の原因を探るべくリンパ腫やピロリ菌、腹膜の異常がないか等の確認もしっかり

お願いしました。

というのも、私の母方の兄弟の多くがガンで亡くなっているため自分も何らかの

要因を受け継いでいるのではという不安を感じているからです。

そして、内視鏡での検査をしても異常はなかったのですが

去年お亡くなりになった登山家として有名だった田部井敦子さんもこの病気だったこと、

その症状に似たところがあることで不安が増幅しているためなんですね。

 

まあ、どちらにしても過去に保持していたウイルスの悪さで治った後でも肝臓がんが

できる可能性があるということで検査するために

いつも腹部の超音波検査もこの時期に不可欠なので更にしっかり診てもらえるよう

ドクターに念を押してきました。(-"-;A ...ふう…

 

超音波検査のクリニックは家庭医のオフィスからワンブロックの近さのところに

あります。血液・尿の検査を終えてからそこへ行き予約を取り付けてきました。

 

31日に決まりました。

 

それが済むと、今度は2年に1度の乳がん検診が控えています。

これは強制というわけではありませんが40歳を過ぎると2年に1度州の方から手紙で

「受ける時期がやってきました!」(''◇'')ゞ

という通知が届くんです。

この検査の苦痛を味わいたくないがために通知を無視して検査に行かないという

知人もいるので私もそうしたい旨夫に申し出ましたが即却下されてしまいました。

州からの通知が強制でなくとも夫としては強制執行を言い渡す(~_~;)とのことです。

言い訳無用だそうです。

昨今、彼にはかなりのポイントを取られています。

借りがあるので逆らえません。😞💦…

 

7月後半はいろいろと仕事が込み入ってるので8月に入ったら行ってきます。

 

先日は歯医者に定期クリーニングとチェックに行ってきたのですが

奥歯の歯肉の中に隠れている部分に歯石がついていたというので後日また受診して

歯肉を切開しきれいにして、また歯肉を縫合するという処置をしてもらったの

ですがその処置直後に歯科医の言ったことに愕然としてしまいました。

 

「あのね、Nさん、今回の処置は無事終わりましたが、中を開けてみたら

歯石のついていた歯の根元にヒビが入っていたんですよね。そしてその下の

骨が溶け始めていたんです。今回は一旦縫合しましたが、すぐにとは言いませんが

遅かれ早かれこの歯は抜かなくてはなりませんね。そうしないと前後に広がってもっと

大がかりな事になってしまいます。

その後の処置としては、穴の開いたままそのままというのもありだし、前後の歯に掛けて

ブリッジ(3連)にするか、部分入れ歯、でなければインプラント、という選択肢に

なりますね。とりあえず3か月後のクリーニングの時にまた状態をチェックしますので

それまでに考えておいてください。お大事にー。」

 

ですって…。(-_-;)

 

神経を抜いてある歯だったのでそこまで進んでいても全く痛みがなかったため

気が付かなかったんですよね。ショックでした。

夫は何本もインプラントの歯を持っていますが作る度に

 

「骨にネジを埋め込むんだぞ〜('◇')ゞ信じらんないよなぁ」

 

なんてシャアシャアと恐ろしい表現で言いのけるので私はしっかりビビッてしまったのです。

 

「いつか歯医者でインプラントを勧められる時が来ても私は

 

絶対ヽ(`Д´)ノやらないよーー!!」

 

と宣言してました。

ええ、その宣言は今も変わりませんとも。

 

部分入れ歯は毎日着けたり外したりがあるので前後の歯に負担がかかりダメージしやすい

のだそうです。お掃除はちょっと面倒だけどやっぱり私にはブリッジが無難でしょうね。

 

歯の修理が嫌な私+高額治療費の嵩むのが困る私・・・ですから、

カルシウムやビタミンⅮの栄養をしっかり摂って甘いものを避け、歯の手入れを万全に

しなくてはいけない…そのように努力してはいるのですがねぇ。。。

 

知ってる人の中にはどんなに神経質になるほど歯の手入れを怠らなくとも

虫歯や歯槽膿漏ができやすい人がいるかと思えば

片や歯磨きをしないまま寝ちゃうことが多くても虫歯一本無い綺麗な

歯並びの人もいるんですよねー。

不思議ですよね。

あれって母親の妊娠中の栄養摂取とかが

影響してるんでしょうかね?それともご本人の栄養摂取??

 

あーあ歯の治療って好きな人はいないでしょうね…。

 

BC州では現在、日照り続きで森林火災が多く発生し州は非常事態宣言を

出しました。カナダ内外から消火救援隊が来てくれています。

家を失った人も多く出ています。

 

あれこれといつもに無く落ち着かない今年の夏です。

 

健康診断や歯の治療が嫌だなんて悠長なことを言ってられる場合ではありませんね…。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

 

| 健康 | 12:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

分不相応な買い物

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

いやー、やっぱり相応しくないのですわ(わ音下がる)。

 

いえね、この秋に高校の同窓会があるのです。

 

これまで同級生の集まりには何度か出席したことはあるのですが

学年全体での集まり(どのくらいの出席率になるかはまだ定かではないものの)

という大がかりなものに参加するのは初めてなんですねぇ。

会社の忘年会や記念パーティーみたいなのには出たことはあるのですが

『普段着でも可』もしくはせいぜい『カジュアル〜セミフォーマル』あたりが

関の山で上流階級のパーティーなど到底縁のない人生を送って参りましたの。

兄弟も結婚式を挙げておりませんし。

 

今回の同窓会は札幌ススキノのホテルの宴会場を借りての大がかりなものだと言います。

 

私、着て行く服がありましぇーん。( ノД`)シクシク…

 

自分の着るものには全くもって無頓着、大好きな旅行を楽しむための

資金作りのため日夜せっせと爪の先に火を灯すように小金を貯め質素倹約を心掛けて

いるわけであります。

実際、着る服は娘のおさがりや貰い物、中古服だけで十分足りております。

何故なら、特別な気の張った場所に出席する事などまずありませんからー。

親戚の結婚式や娘の看護学校卒業式などに出席した時も二束三文の中古服でした。

 

…ですが、今回の同窓会はちょっと気合が入りそうです。

もしや、昔好きだったあの方も出席するのかも?

こんなしわくちゃの顔にヨレヨレの中古服の私を見たら

「ああ、あの時交際しなくて良かった。(っほ。)」

なんて思われるのは癪。

「ああ、逃がした魚は大きかった…!」

と思わせたいではないですかー。

(このおばちゃん、何をおバカなことを言ってるんでしょうねぇ。

まあ、ブログですから…妄想は自由かな、と多めに見てくださいね( ̄▽ ̄;))

 

それで、それでですよ。

 

先日、歯医者に行って歯肉を切開して歯の根元にある歯石を除去してきたんですが

せっかくバス賃をかけてバンクーバーまで行ったついでに

高級な洋服屋さんの立ち並ぶ界隈を覗いてきたんです。

ええ、今は丁度冬春ものの売れ残りが半額セールになっているというので、

いったいどんな服がどのくらいの値をつけているのかを偵察に行ったというわけ

なんですね。

これでも、ある程度の有名デザイナーブランド名は知っているんですよ。

自分では買ったことはありませんが、雑誌やウインドウショッピング

なんかで目だけは肥やしてるつもりです。こうしておくと中古服のお店に行っても

いい素材とデザインをちゃんと見極めることができるんですね。

ブランドネームの表示が取れてしまっていても『価値あり』が見てとれるんです。

自慢じゃありませんが、中古服で食事会などに出席してもよく褒められることが

あるんです。「素敵なブラウスねー」とか「わあ、いい色ねぇ!お似合いよ」

とか。正直まんざらでもありません。

高額商品ならそう言われて当然なのでしょうが

私のクローゼットは2ドルとか3ドルで仕入れて来たものばかりですから。(^^;)

 

で、歯医者の帰りに何気に覗いた高級ブティックの話ですが、

 

「うーん、もうある程度歳も歳なんだし、長年汗水たらして働いてきたご褒美に

ここらで一発、まともな新品の洋服を購入!というのもありかも〜?!」

 

という気になりかけてきたんですね。

 

何軒か見ているうちにとっても素敵な黒のワンピースを発見しました!

ハンガーを一つ一つ動かしながら見ていていきなりビビッと電気が走るように脳に反応が

ありました。

 

「うわっ…!これ素敵!着てみたい!欲しいかもーーー!?」

 

黒というと爐福爾法お葬式じゃないんだから黒なんて買わなくても…”

って思われるかもしれませんが、普通の黒じゃないんです。

ちょっとサテンのような光沢があってしっかりした厚みもあるんです。

同じ生地で大ぶりのコサージュのような花があちこちに貼り付けてあって袖はふわっと

提灯袖(古い言い方!?(;^_^A)、表現力が乏しいのでうまく伝えられなく歯がゆい

のですが、兎に角、こ、これだ!と直感したのです。

 

「いくら高くても今日私はこれを買って帰るぞ」

 

相当な満足感を得られるだろうと想像して頭がポッポしてくる感じがしました。

さあ、ハンガーごと手に取り試着室に持って行こうとしたときのことです。

値段は見ないで試着し、サイズが合えばそのままレジに直行…と思っていたのですが

 

値段札がパラリと翻り私の目に。

 

C$6,000.  → C$3,300.-

 

って…。(◎_◎;)w 日本円で約300,000円です。

暫し呆然。固まってしまいました。

老眼のせいかなと目をこすってみましたがやはり同じ数字です。

イタリアのバレンチノのものでした。昔若かりし頃このブランドのバッグを

持っていたことはありますが、まさか洋服がこんな恐怖の値段だったとは。

 

同窓会にこれを着て行ったときのことを想定し、すっかり舞い上がっていた心が

地面にたたきつけられたように感じました。

…だめだー。

半額に近いディスカウントになってるとはいえ、

いくら何でもこの金額を私の洋服たった1枚のためにというのは…、ううううぅ。

いつも買ってるような中古服なら1,000着も買えるんですから。

しかも、香港のブルジョアなら毎週パーティー、パーティーで有効に着まわす

こともできるのでしょうが私の場合は、一度着たらたぶんもう二度と袖を通さずに

クローゼットの中で埃を被って終わりです。

 

女が一度決断したことですが、試着をすることも無くハンガーのドレスを

元の場所にそうっと戻し入れ、首をうな垂れて店を後にしました。

 

世間知らずが、分不相応な夢を膨らませてしまったというお話でした。(~_~;)

 

やはり、私は結婚指輪も買ってもらっていいなくてもボロの服を着てても幸せです。

健康で平和な暮らしがあり、好きなところへ旅行したりもできるんです。

 

感謝ですね。

 

 

 

 

| 努力 | 10:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ペットの購入

JUGEMテーマ:気になること

 

実はずっと気になっていました。

『犬か猫を飼いたい』となったとき、

”ペットショップで高額のお金を出して動物を買う” 

という手段を選ぶことについてです。

 

この度、嬉しいニュースがはいってきました。バンクーバー都市圏の中で

先のリッチモンド市、ニューウエストミンスター市に続き

遂にバンクーバー市もこの法令が施行されることになったそうです。

 

犬、猫、ウサギをペットショップで購入することはできなくなりました。

 

窮屈な狭いケージに入れられたまま散歩も運動もさせてもらえず

買い手が決まるまでじっと辛抱していなくてはならないという、

いわば動物虐待のような劣悪コンディション下から動物たちを

解放してあげなくては!ということが主な理由のようです。

 

ペットを売り買いして儲けることが目的であるわけですから

オーナーとして愛情を持って接するという扱いとは程遠いものであるわけです。

ホッと胸をなでおろしました。ですが、まだ私の住む市の議会では決議されていません。

次々に右習えと続いて欲しいものと願うばかりです。

 

「じゃあ、犬や猫を飼いたい人はどこへ行けばいいの?」

 

当然そのような疑問がでますよねー。

動物保護団体・協会や市が認可したブリーダーの元へ行って買う・もしくは

手続きをして貰い受ける・里親保護を申し出る、といった方法があります。

 

日本などでは野良を拾ってきたり家に迷い込んできた野良を飼うというのも

有りと思いますが

こちらでは野良犬・野良猫はまずいません。それらしいのが見つかったら

動物保護団体が保護してしまいます。

なので以前我が家で飼っていた愛猫タマも動物病院で耳の中に登録番号の

タトゥーを入れてもらいました。そうすれば外に出ていて保護団体が見つけても

この辺の家で飼われている猫と認識ができるので連れて行かれる心配はないのですね。

 

私は愛猫が天国に逝ったときの悲しみがいまだに鮮明なのでこの先ペットを飼う

つもりはないのですが、現在独立するべく住居探しをしている娘が猫を飼うのだと

張り切っています。独立すればペットを持つ持たないは本人の自由なのですが

こちらの比較的新しい賃貸アパートでは汚れや傷、不衛生などの理由から

ペットを飼うのを禁じているところが多いので住居探しは

なかなかの至難のようです。(;^_^A

娘よ、健闘を祈るぜよ!(~_~;)

 

 

↑愛猫タマ

 

| 想う | 04:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

カナダ建国150年

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

7月1日はカナダデー → カナダ建国記念日でした。

今年はなんと150年の大きな記念の節目です。国中のあらゆる市町村で記念の

行事が行われました。多くの会場では生バンドや大きな国旗の図柄ケーキを

カットして振る舞われたり、パンケーキが振る舞われたり、それぞれ

趣向を凝らしてのイベントが目白押しです。

私もヘリテイジパークに娘と出かけてみようかなと思っていたのですが

娘は急な仕事が入ってしまったので私一人では寂しいので行くのを

止めにしました。

 

出かけることはしませんでしたが代わりに…

はい、毎度おなじみ大リーグ観戦です。この日トロント・チームは

奇遇にも地元での試合となっていたことでムードは最高潮です。

 

 

↑テレビ野球中継解説者もまるで狂い咲きです。

観戦に来ているファンもいつもなら基調の青での応援ですが

この日ばかりは赤&白+青少々という配色ですねー。

 

 

↑お約束のバグパイプ・マーチングバンドの演奏。

 

 

↑記念の日の国歌斉唱の前に陸海兵らによって

運び込まれるのは…?!

 

 

↑皆の手で徐々に広げられます。

 

 

↑はいーっ!巨大なカナダ国旗!スポーツの大会などでよく見られる

カナダ国民の得意技ですね。(^_-)-☆

 

 

↑ほんと、カナダ国民はこの国旗が好きみたいです。

まさに誇りに想えるんでしょうねー。移民で成り立っている国ですから

この国旗と国歌を誇りに思えることが向上心・団結心を育むことに

繋がるのではないかと思います。

 

 

↑オタワではイケメン・カナダ首相のスピーチが。

 

ウイ二ペグでは

カナダ150年を記念して3600人によるメープルリーフの人文字?

を作ったんですね〜。

 

カナダの国旗

(↑クリックするとサイトが見られます💖)

 

今年はカナダ建国150年。

お祝いで盛り上がる事は嬉しいこと幸せなことであります。

しかし一方で今年は真珠湾攻撃の翌年、

日系カナダ人が住み慣れた土地も家屋も取り上げられての

強制収容があってから75年という節目でもあります。

ーーしばし思いを馳せたいと思います。

 

| 想う | 15:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

心穏やかに

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

昨日、あることをきっかけに

カリカリ、きりきり、怒り、悲しみ、寂しさ、不安。。。

今まで心の底に停滞していたそれらの物が

まるで風船の紐を手放したときのようにふわふわ舞い上がって行きました。

 

はて?何処へ行ったのでしょう?

 

自由になって空を飛び、

もう、私の心には戻ってくることなくどこかで自然消滅するんだと思います。

この何年かの間ずーっと暗く私の心の重石になっていたものから

昨日の出来事で解放されたんです。あんなに苦しんで、

円形脱毛やら心身症にもなり、肝炎の治療をしてるわけでもないのに

落ち込んで、脱力感に苛まれていた日々がまるで悪夢を見ていたようです。

 

人間て、現金なものですよね。

ちょっとしたことが精神状況をひっくり返してくれるんですから。

 

幸運も重なりました。周囲の人のちょっとした協力があったんです。

 

もしや、天国の父や愛猫のたまが見守っていてくれるお陰かも。

 

雨降って地固まるってやつでしょうか。

正直、状況はそれほど変わってはいないんです。

でも精神的な安堵感が計り知れないんです。

 

学びました。

 

人生って、思い通りにならないことの方が多いものですよね。

そんなことにいちいち腹を立てたり悲しんだりしてるのは

時間の無駄、というかもったいないですよね。

人生限られた時間しか生きられないんですから。

精一杯出来る事をやっているなら自分の生き方に自信を持つべきなんですよね。

 

2008年の元旦に明治神宮でおみくじを引きました。

 

「むらぎもの心にとひてはぢざらばよの人言はいかにありとも」

 

と有りました。

 

自分の良心に訊いてみて、少しも恥ずるところがなければ、世間の人は何と

言おうと、動揺することはないですよ。

 

という意になります。このおみくじの内容が嬉しくて今でも常に大切に

持ち歩いているんです。

 

更に、去年一時帰国の際は実家傍の神社で引いた大吉のおみくじ、これがまた

奇遇なくらいに私の心をつかみました。

 

「思う事 思うがまゝになしとげて 思う事なき 家の内哉」

 

この説明として書かれていたのが

 

目上の人の思いがけない引き立てで 心のまゝに調い家内仲良く暮らされます

色を慎み身を正しく目上の人を敬って目下の人を慈しめば愈々運開きます

 

実に驚きました。

その頃の私の心の不安を元気づけるに相応しいおみくじだったからです。

 

 

豊かな愛情と寛大さ、そして与えられた境遇に感謝する心を育む

 

これだと思うんです。幸せになる方法は。

ゆったりと、穏やかーに…、ね。(^_-)-☆

このような人格、まだまだ今の私には到底たどり着けそうもありませんが

ほんのちょっぴり前に踏み出せた気がします。

自らを磨き、精進しないとね。

 

さてと、気持ちがちょっぴり楽になったところで

お祝いに大好きなラーメンを食べに行ってきました〜。

(なんだ、結局食欲に繋がるんじゃん!ぎゃふん!(;´▽`A``)

 

 

↑若い人に人気の新しいラーメン屋さんで「塩」を満喫〜〜。感謝!!

 

 

| 想う | 09:00 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

思いやりのあるパーキング

JUGEMテーマ:運転免許

 

こんな表示を見つけました〜。

 

子供連れ、または妊婦の専用駐車スペース

 

と言っても私が初めて見たというだけであって、これを見つけた時の

私が大いに歓喜し感心して小躍りしそうな高揚ムードで家族に伝えると

アッサリと娘に言われてしまいました。

 

「そんなのずっと前からどこにでもあるよ、お母さん。(~_~;)」

 

           

 

「えっ?いやあ、そんなはずは…???。私はこんなの初めて見たんですけど」

 

と意地を張ると、

 

「それは、お母さんが自分で運転する人じゃないからよ。それに私たち

子連れでも妊婦でもない普通の人はこの標識の傍に駐車することはないわけで、

だからお母さんも見たことが無かったんじゃないの?」

 

この表示が大手スーパーの入口目の前の駐車スペースに立てられているのを見て

私、大いに頷き

 

”おお、カナダも妊婦や子連れ家族が駐車した車から長距離を歩くことなく

店舗に入れるように配慮してるんだねぇー、

 

うん、素晴らしい〜〜!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー”

 

と感心しきり。

 

だってね、カナダの大手スーパーやショッピングモールなどは駐車場の広さが

半端ではないのです。車を遠いところに駐車してしまうと歩くだけで疲れてしまったり

子供がチョロチョロしてるだけでも他の車の迷惑になる場合もあるので

この表示が設けられることはとても理に適っていると思うのです。

 

日本にも、こういう表示はあるのでしょうか?!

どなたかご存知の方がいたら教えてくださいませー。('◇')ゞ

 

| 家族 | 09:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

地元で野球観戦

 

シアトルまで大リーグ観戦に行くのは私の強い決断が必要で、

いざ行くことになったとしても

車は夫一人が運転手なので観戦後夜中にお疲れのまま運転しての帰宅は

非常に危険極まりありません。連休をとってシアトル一泊という日程であれば

まあ、少しは安心ですが。

 

そこで、バンクーバーには大リーグの3軍に相当する野球チームが存在して

いるんですが昨日はその観戦に行ってきました。

 

球場でビールも飲みたい夫のためにバスと電車を乗り継いで

のんびり行ってきましたー。

 

 

↑球場近くの新しいスタバに寄りました。スターバックスき

 

 

↑スタバのゴールドメンバーズ・カード(各種優遇が受けられる)を保持する

夫がここ一か月くらい行きたい行きたいと喚いていた店舗です。

 

ええ、町中に溢れている今までのスタバとは全く違うムードが漂っているんです。

ここでは普通の機械抽出のコーヒーだけじゃなく好みの抽出方法を選べるんです。

一杯一杯を丁寧に入れてくれるんですねぇ。

店内の雰囲気もモダンなだけではなく、シックで大人向け。

夕刻からはアルコールドリンクも飲めるんですよ。

なんだかとってもおしゃれです。私達みたいな田舎者の洋装ではちょっと

場違いな気がして反って落ち着かなかったかも…。

 

 

↑私はルワンダ産の豆を選びました。その場で挽いて淹れてくれます。

炭酸水を添えられていました。時々この炭酸水を口に流すことで

最後まですっきり美味しくコーヒーを味わえるんだそうです。

 

 

↑サッカーのチーム入場の時のように野球チーム所属のちびっ子たちが一緒に走って

入場してきます。

相手チームアメリカの国歌、そしてカナダの国歌を流してからプレイボール!

 

 

↑ロイヤルカナディアンマウンテンポリスも

バットを担いで走ります。(;^_^A

 

実はこの日バスでの移動中、あることが発端で夫と言い合いになり暫し険悪な

気まずい時間を過ごす事となってしまいました。

 

でも、お互いだんだんと年をとり、これからは今まで以上に助け合って

支え合っていかなくてはならないことを日頃感じていたこともあってか

野球が終わるころにはなんとなく元通りになったように思われました。

 

極めつけは、この日の試合の後のスポンサー提供による打ち上げ花火。

球場内のライトフィールド辺りに俄かに設置。

ノリのいいポップ音楽に合わせての花火が20分くらい続きました。

シーズン中に何回かこのような試合後の花火が予定されています。

 

初夏の快晴の青空の下、夫婦で我慢して仲良く(??!)野球観戦。

ビール飲んでチップス食べて花火まで観られて…

こんな恵まれた幸せはないというような状況下で

喧嘩して口もきかないだなんて、、、

全く無意味そのもの…。

一瞬一瞬に感謝して喜び楽しんで生きないと!

喧嘩してる暇なんてない。

 

たぶん、そんなことをお互いに感じたのではないでしょうか。悲しス。

 

 

 

| 楽しむ | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

餌食

 

先日、昼間自宅でテレビを視ていた時の事です。

テレビの後ろ側の大きな窓越しに白いものがヒラハラと上からどんどん

落ちて来るんです。

ああ、どうせまたこの季節にたくさん飛んでくるポプラの綿毛だろうと

思ってあまり気にもしないで再びテレビの画面に視線を戻しました。

 

すると間もなくカラスらしき鳥がバタバタ窓の外の上方を行き来して

大騒ぎしてるんです。ヒラハラと落ちる物は留まるところを知らず

激しさを増していきます。

尋常でないことは明らかです。

なんだなんだ??と、窓に近寄ってバルコニーを見ると

なんとっ!降って来ていたのは綿毛は綿毛ですが植物ではなく

鳥のダウン(羽毛)だったんです。

 

雪の様に羽毛が舞い落ちて来る…っていう光景は今まで経験が

ありません。心臓がどきどきしてきました。

もはや助けることなどできません。

そもそも、自然界の生き物は皆食うか食われるかで成り立って

いるわけで人間が手出しするなんてことはお門違いの何物でも

ありませんよね。

初夏なのにカラスも餌を見つけられなかったのでしょうか?

それとも餌食に出来そうな弱った鳥を見つけてしまったのでしょうか?

 

考えてみれば人間なんぞは一番残酷なことをやって食を得ていますよね。

限られたものしか食べない動物に比べて人間はありとあらゆるものを

獲って、あるいは育てて、あるいは養殖して食にしてしまうんですよね。

一番恐ろしいのは人間というわけですね。

 

「生き物の命を食べる事はできない」と、菜食主義に転じる人が

いますね。それにしたって、もしかしたら植物にだって気持ちがあるかも

しれませんよね。茎を切られたら(>_<)痛い!と感じてるかもしれません。

魂だってあるのかもしれません。

人間に分かり得ないことをこうだろうと勝手に決めつけるのは

おかしいと思います。

 

それにしても

なんだか間近にあまりにも生々しい生き様を見てしまって

しばらく放心状態のような私でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

| 学ぶ | 14:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

乗りたい車

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

↓うちのアパートの地下駐車場です。

夫の車の並びに停まっています。

この車ナイスで賞?(;゚Д゚)💖

 

狎い涼罎凌諭垢里燭瓩忙笋榔薪召鬚垢襪戮ではない”

 

そういう観念を貫き、

記念すべき、ペーパードライバー歴40周年を迎えました。( ´艸`)

 

ここまで無事故・無違反で来られたのも ひとえにこの私にハンドルを握ることを

勧めずにただひたすらアッシーくん(死語)をやり遂げてくれている

夫のお蔭と感謝しております。<(_ _)>

 

ハンドルは握りませんが夫がスキーに行くときには、おにぎりを握り、

アイスホッケー観戦に行ったときは手に汗握り、

散歩する時は夫の手を握り……ハハ! (ヾノ・∀・`)ナイナイ。

 

と、それなりに出来る事は努力しているんですがねー。

 

ハンドルを握らないのは世のためなので、決して車嫌いというわけでは

ないんですよね。

空想の域ですが、もし、「自分の好きな車を買って乗ってもいい」

となったら欲しいのは『ミニクーパ』です。はい、Mr.ビーンですね。笑

ベンツやBMW、ポルシェ…そういうのは興味が湧きません。

なんででしょうねぇ?

変わり者だからかな?はは。

 

↓この車も好みなんです。

丸みのあるアンティーク風なのが良いんですね〜。

コブラ・シリーズですね。古い型だったらメンテナンスが大変でしょうね。

 

私が乗り回したいと思っていても車の方が、

「あんただけには乗ってもらいたくない」

そう思ってるかもしれませんけど。(・_・;)w

 

似合わない?分不相応?

ええ、ええ、そういわれると思ってましたともー。

 

 

↑あんまり私が傍に寄ってぞっこんという眼差しで眺めて

居るものだから夫、慌てて叫んできました。

 

「そんな近くに寄っちゃだめだよー!アラーム鳴るよ!!!:(;゙゚''ω゚''):」

 

(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)はいはいー、了解です〜。(^_-)-☆

 

| 学ぶ | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大リーグの不思議 遠征地?本拠地?

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

実は先月の東方旅行を計画している段階で

帰路にトロントで途中降機して大リーグの野球観戦をしようか?

という案がありました。

バンクーバー〜ハリファックス間は直行便は無いので

どうせ飛行機乗り換えするなら夫の好きな大リーグ観戦というのも悪くないかな?

と考えたのです。

 

でも計画倒れに終わって正解でした。

トランジットの待ち時間というのは空港でそりゃー暇だろうと

想像していたのですが、やはり私たちも年をとったという事なのでしょう。

あたふたと街へ繰り出してバスの時間に遅れないように、

ゲームの開始時間に間に合うように走り回る、悪い人に財布をすられない様に

気を配る、事件に巻き込まれない様に身の周りに気を配る…、などなど

若くない私達には極めて危険なチャレンジです。

 

大リーグ唯一のカナダチームである『トロント・ブルージェイズ』、

去年の戦績は結構いいところまで行きましたが生憎今年は絶不調です。

まるで巨人軍みた〜い( ̄▽ ̄;)w

 

まあ、トロントで観てこなくてもシアトルへの遠征があるので私たちは

車さえ飛ばせば身近で観戦することが可能です。

 

先週末は、まさにそのトロントチームがシアトルに遠征での3連戦がありました。

 

で私達は行ったか?というと残念なことに夫は仕事が休めず涙をのみました。

(そんな大げさな感情は無いと思うのですがね…。)

 

勿論、カウチポテト族になってバッチリテレビ観戦しましたよ〜。

 

↓これをご覧ください!!

 

 

シアトル・マリナーズのチームカラーは『紺と緑』、

トロント・ブルージェイズのチームカラーは『明るい青』、

 

ここはシアトル・マリナーズの球場なんですが…。

 

え…??えーっ???

 

って思っちゃうでしょう?

ジェイズがシアトルにやって来る時はいつもこうなんです。

カナダ側からワンサカわいわいと球場に流れ込んでボーダー(国境)も

大渋滞必至なんです。

同じアメリカンリーグでも都市間の距離があるのでシーズン中に

3連戦が一回あるかないか。

もう、もう、まるでカナダでやってるような青の熱気に包まれています。

異様です。あり得ないっーて感じです。

 

東京ドームが『黄&黒』で埋まっちゃってる!?(◎_◎;)

…そんな感じですから。

 

こんなんじゃ地元の熱烈マリナーズファンがシーズンパスで観戦に来ても

居心地の悪さは極まりないんじゃないでしょうかね。全く気の毒なことですわ。

 

アメリカ嫌いな私の事です。

ここ数年「一緒にシアトルへ野球観戦に行こうよー」と夫にせがまれても

首を横に振る一点張りなので

来年あたりは、このシアトルvsトロント戦なら面白そうなので

お付き合いしてもいいかも?かも???( ̄▽ ̄;)yーーーーねっ!

 

| 楽しむ | 12:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

初夏の散歩

JUGEMテーマ:季節の旬なもの

 

初夏の長閑な午後に近所を散歩してみました〜。

 

 

↑清々しいそよ風と共にこの草原です。

… ほら!草の香りがしてくるような気がしませんか?

家の近所の林の中で今盛んに咲いている花々を撮ってみました。ご覧ください。

 

 

↑健気に咲く草花たちを見ているとこちらも元気をもらいますねぇ。

ベリー??もう少しで食べられそうですね。ふふ!

 

 

↑私はストーカーになってしまったようです。(;゚Д゚)w

 

私の住むアパートのお庭を管理手入れしてくれているガーデナーの

お姉さんが仕事してる様子を連写してしまいました。(内緒です。内緒

この作業体勢から想像するとゴツそうな体型に見えるかもしれませんが、

どうして実物は華奢なモデルさん風なんですよ。

何より驚くのはピカイチの美人なんですぅ〜〜〜〜。

 

いつもこの時季、家のバルコニーに雪のように降り積もる綿毛が

一体何の木から飛んでくるのか?

それを知りたくてこのお姉さんに尋ねてみたんです。

彼女が契約で定期的にガーデンの手入れに来ていることは

知っていたのですがいつも帽子を被っていて今まで間近に顔を拝見したことは

無かったのですねー。

 

「作業中のところ、すみません、質問があるのですが…。」

 

にっこりとこちらを振り向いた彼女の顔を見た瞬間私はその場に

凍り付いてしまいました。啞然ーーー。。。

ガーデナーを本業にやっているとはまるで信じられない。

こんなところで一日中土をいじくりまわしてる(失礼)なんてもったいない。

 

いや!偏見で物を言っちゃあいけませんよね。彼女にとっては

モデルや芸能界より園芸業界(!)に居る事が生きがいなのかも

しれませんよね。(でも、やっぱりもったいないと思うのですが…しつこい)

 

それに、彼女、見惚れてしまう程に笑顔が美しいだけじゃないんです。

優しくて、丁寧で、私の愚問に親身になって応えてくれるんです。

私が男性だったらイチコロです。プロポーズしてるかも?

 

これからいつも仕事に行く時、園内を通り抜ける楽しみが増えました〜。ハッピー

 

 

↑先日近くの日系センターで講演を聴いてきたんですが、

その途中の草むらで見つけた立看板です。

 

『この辺りの地下にはオイル輸送のパイプラインが通っています。

地面を掘ったりなど作業をしなければならないときは必ず事前に下記に

連絡をしてください。電話番号〇〇〇…。』

 

カナダでは隣のアルバータ州から掘り出された原油をパイプラインで

西海岸やアメリカに送りタンカーに乗せてアジア方面にも輸出させるべく

事業が進められています。原発と同様で何か問題が起きると大惨事に

成りかねないため今でも多くの人たちが反対運動を続けています。

 

そのパイプラインがここ我が家のすぐ近くにも通っていただなんて

全く寝耳に水でした。

あ、ありえないっしょー???!

という感じです。

 

この証拠写真を撮っておこうと看板の手前に這いつくばっていた葉っぱを

手で避けようとした瞬間です。

「あぅっ!!!!…」

何の葉っぱか分かりませんが触れた中指に電気が走るような痛みを

感じました。

セミナーの間中痛みが続き

「このまま指が腐って捥げちゃうんじゃないか?」

と心配になったほどです。(いや、大げさではありません。)

 

家路に着き、ムヒ膏を塗りつけてその後大事には至りませんでしたが

今思うと、もしやあのパイプラインの存在を示す看板が反逆者の私に呪いを

かけたのでは???と…。:(;゙゚''ω゚''):

 

 

| 楽しむ | 13:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

東方見聞録 その6 ばいばい〜ハリファックス(終)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

今回のこの東方見聞録ブログは後で記録として

分かりやすいように実際体験した日付で綴っています。

なんと、…気が付いたらもう6月中旬ではあーりませんかっ!!

思い出してニンマリ等していられません。

さっさと書き終えないことには次に進めないどころではなく

一人浦島豚子さんになって世間の流れに取り残されてしまいます。

 

さて、5月27日(土)、今日はハリファックスに別れを告げ西方本拠地へ

帰らなくてはならない日です。

数年前に家族三人で初の東方カナダ『モントリオール・オタワ・ケベック』

を行脚した時も感動の日々ではありましたが、なぜか

バンクーバーへ戻る時は寂しさよりも嬉しさの方が強かったのを記憶しています。

しかしながら今回のハリファックスは趣が確かに違います。

お天気の不順さも伴ったり最後の晩餐となったイタリアンは予想外に

全品恐ろしく塩辛く、高血圧の夫を震えあがらせてしまうほどでした。

 

住めば都と言いますよね。

いままであちこち旅行をしましたがいつも旅を終えて我が家に帰ると

ホッとします。いえ、家に着く前、つまり旅先を離れる瞬間から既に家に

戻ることが楽しみになります。貧しいながらも楽しい我が家〜と言いますか、

やっぱり一番居心地がいいんですねぇ。

 

所が今回はハリファックスを発つ日の朝、なんだか変だったんです。

この不思議な気持ちは何なんだろう???

ノバスコシア州で出会い、話した人たち。

素晴らしく優しくて、思いやりがあって、あったかいんです。

 

「私があなたにお手伝い出来る事はありませんか?」

 

まるでそういう微笑みで話しかけてくれるんです。

こちらが問いかける前に向こうから声をかけてくれる。

初めて話す人なのにこちらの立場になって心配してくれて、一緒に喜んでくれて、

ずっと前からの知り合いみたいな…。

 

何て言うのかなー、大都会の殺伐さが無いんですね。

都会になるほど、人々は犯罪に巻き込まれたり騙されたりという被害に遭わないように

自分の身を守るべく他人には冷たくなるんでしょうね。

余計なトラブルに関わりたくない、という意識。

 

バンクーバーは年々人口が増えて犯罪や貧困、薬物中毒患者が急増しています。

自分さえ良ければいい的なギスギスした社会に向かっている気が

するんですね。ムカつく相手に向かってすぐ罵声を飛ばし

中指を立てて見せる人も増えました。

 

「このままハリファックスに居られたら…!!?」

 

と感じ身の毛がよだつ思いをした私でした。

(これだ!と思ったら、即やっちゃう危ない面があるものでね…私。)

 

 

↑宿をチェックアウトした後、荷物を預かってもらい何と3回目の

市場訪問です。この日は週末の土曜とあって観光客のみならず地元の人たちも

押すな押すなの大盛況。店舗の数も何倍にも増して活気がありましたよ〜。

 

 

↑地元産の有機栽培野菜。ちょっとお高くても体に良いものを買い求めたい

という人はたくさんいますね。

 

 

↑地元産のソーセージを使ったホットドッグ売り場

 

 

↑お気に入りのパン屋のお兄さんと掛け合う少年

 

 

↑夫が職場の同僚になにかお土産を…と探していたら

これを見つけました。はい、ロブスター型のチョコです。

(ロブスターの味がするわけではありません。( ̄▽ ̄;))

チョコまでロブスターにしなくても…って思いませんかぁ?

なんだかグロだし。(;゚Д゚)w

夫曰く「いや、こういうのは向こうには無いからね、決まり!」

と、お買い上げ。

 

 

↑市場の階段の踊り場でアイリッシュダンスにぴったり風の

音楽をバイオリンで生演奏してる少年が。

小さい時からチャリティーのために演奏しているのだそうです。

あまりに素晴らしい演奏なので私、つい自己流アイリッシュダンスを

踊りだしてしまうところでした。((ヾノ・∀・`)ナイナイ)

私は目がハート型になったまま暫し彼に見惚れて聴き惚れてしまいましたよ。

 

 

↑これは私自身のために旅行記念に買い求めた木製のソープトレー(左)

とコースター(右)です。何の木なのかなー?とっても手触りが良いんです。

 

 

↑このご夫婦のお店で購入しました。(購入したものは彼らの手作りです)

 

 

↑空港でもロブスターが買えます!!

 

このように生け簀があってフライトでも生きたまま

持って行けるようにきちんと梱包サービスもあるんですよ。

 

 

↑もちろん、茹でたのもあります。

 

 

↑パテの缶詰もあります。

 

 

↑食べ物から突然トイレの画像に切り替わり失礼。世界の空港の

トイレ、圧倒的にTOTO(泣いているのではありません)です。

日本のトイレシステムは常に世界の先端を突き進んでいますねぇ。

 

 

↑帰りはモントリオールで乗り換えでした。携帯やラップトップ用の充電もできる

ゆったりソファがたくさん。仮眠できるようなベッド型のソフトベンチもありました。

 

 

↑乗り換えの便を待つ間退屈しなくて済むように空港内には、

いろいろと楽しめる仕掛けが。上のたくさんの柱、なんだと思います?

遠くから見るだけでは泡のような絵が下から上へ上昇しているだけの

画面なのですが…、

 

 

↑その一つに近づくと「あら…!」泡はしゃーっと集まってきて

世界の都市名とその象徴する建物の図柄に早変わり!!

↑これはフランスのパリでオペラ座かな??

柱全部は試してみていませんが、ロンドン、ニューヨーク、など主要都市がたくさん

ありました。東京もあると思います。

図柄は…大仏?寺院?富士山?それとも、スカイツリーでしょうかねー?

 

 

↑巨大モニターにコラージュした写真群です。主題はわかりませんが、

世界のどこにでもある何気ないものの美しさ再発見??

そのような主旨と思われます。

 

 

モントリオールはケベック州なので主要言語はフランス語です。

英語がまったく話せなくてもフランス語が話せれば不自由はありません。

搭乗口近くのスターバックスでは販売員は「ボンジュール!」とあいさつをしてきます。

ふふ、国内旅行なのにたくさんの国を旅行したような徳した気分です。💛

 

 

↑追加で買った自分自身へのお土産ワイルドブルーベリーの紅茶、

夫はロブスターの図柄ティータオルとロブスターのマグネット、

そして、26日に誕生日を迎えたコーヒー好きの娘にロブスターの図柄の

マグカップ💖

(そのほかにも…

宿のアメニティーの石鹸・シャンプー・コンディショナー

・メモ用紙・ボールペン・コーヒー・紅茶 ・砂糖 etc と盛りだくさん!汗)

 

まあ、これだけ揃えればもう間もなくボケが始まる私達も

 

『ハリファックスに行ってロブスターを食べたよね』

『んだんだ』

 

と、長く記憶に留めることができるんじゃないかなー?

と思うわけです。

 

あーあ〜!(;´・ω・) アセアセ

やっぱり、バンクーバーに戻ってきてしまいました〜〜。

(あったりまえじゃん!)

 

2017年 東方見聞録 ノバスコシア(ロブスター攻め)編 

| 旅行 | 23:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM